FC2ブログ

震度6弱 地震!!

6月18日(月)午前7時58分に発生した大阪地震。
勤務する会社が大阪北部のため震源地にほぼ近く、生まれて初めて震度6弱を体験しました。
朝礼の開始の2分前でした。全社員が集まる中それは突然やってきました。
強烈な揺れに何もすることが出来ず机にしがみつくのがやっとでした。
でも会社の建物が耐えてくれたので何とか無事にやり過ごす事ができました。
家族も無事でした、まだ余震が来るやも知れないので今夜も眠れそうに無いですね。
正直怖いです!!

小ネタ&ニトリのランチョンマット

先日、出来上がったキャリア用の冶具をkottaman師匠の工房に届けに行った時のお話です。最寄の駅を降りていつも素通りしている「住吉っさん」(住吉大社)の高灯篭。





前を通ると、この日は高灯篭の中を公開中ということで初めて中を覗いてみた。
いつもは土曜日に工房に行く事が多いので気付かなかったのですが毎日曜日には時間帯で資料館として公開しているらしい。



この高灯篭は鎌倉時代末期に創建されたというのですが明らかではないそうです。
その昔、住吉大社の前が海で神前浜というところにあって高さ16メートル、この灯篭に火を灯し灯台の役目もしていたそうです。日本最古の灯台とも言われているそうです。




浪花百景にも描かれています。1950年(昭和25年)のジェーン台風で崩壊しましたが、解体され1974年(昭和49年)に旧地より約200メートル東側に移動させて再建されたそうです。


当時の模様をジオラマで再現。



灯篭のてっぺんにはこの螺旋階段を登ります。注意書きに自己責任で登ってくださいと書いてありました(笑)




ここで灯篭に火を灯して灯台として活躍していたのでしょう?ここからの眺めは住吉公園と南海線の向こうに住吉大社が少し見えます。
小、中学校の頃は住吉に住んでいて住吉大社の夏祭りにも必ず来ていたので言わば地元(じもっちー)なのですがこの高灯篭の中を見たのは初めてでした。



そしてkottamann師匠に冶具を渡して飲み物を頂いたときに出てきたのがこのランチョンマット。



よく見るとホリゾンタルのフレームにガード付、ブレーキレバーはマファック、ライトはCIBIE?チェーンホイールとクランクはTA、変速機はアルビー?、サドルは板ベースのイデアル?Wレバーなど超マニアックなフレンチランドナーが描かれていました。
Kottaman師匠もご満悦でした。



帰って来て私もニトリに直行(笑)!思わずランチョンマットとトレイまで買ってしまいました。と言う事で「小ネタ&ニトリのランチョンマット」の巻でした。


新年あけまして おめでとうございます



左手骨折その後

12月15日(金)さて、これは何でしょう???





これは、7月に自転車で不覚にも転倒して左手の中手骨を骨折した時の私の左手の中に入っていたチタン製のプレートとビスです。







骨が完全に繋がるまで4ヶ月、さらに仕事が忙しく1ヶ月伸ばしてもらって、やっと昨日、プレートを除去する手術をしました。
プレートが入っていた時のレントゲン写真。



8本のビスで固定されていました。


昨日、DC980をランドナーに装着&試走後に病院に行って手術をしました、夜中にブログをアップしたのは術後の痛みで眠れなかったためでした。
私も12月10日で還暦を迎えました、治りが遅いのは歳の性かも知れません。
1日も早く自転車に乗れるように、またリハビリに通う日々が続きそうです。
このプレートを御守りとしてフロントバッグに縫い付けようかと思案中です(笑)⁉
と言う事で左手骨折その後の巻でした。



番外編「世界を変えたレコード展」

7月15日(土)本来は3連休の初日になるはずが、仕事が忙しく休日出勤、仕事を終えてから前々から行こうと思っていた大阪梅田グランフロントで開催されている「世界を変えたレコード展」に行ってきた。


なんと入場無料!読んで字のごとくレコードコレクションからたどるミュージックの歴史。


プロローグから壁にアーティスト(エルビスプレスリー)のレコードが飾ってあり、アーティスト同士や評論家などのコメントがプロジェクターで投影される。


マイケルジャクソンのレコードとマドンナのコメント。


会場はわりと年輩な方々(私も含め)が多かった。会場はうれしい事に写真撮影OK!


この辺は私の親父の世代かな?ルイアームストロングにフレッドアステア。



ノーベル賞を受賞したボブディラン。


ジャケットが展示してある反対側の壁には延べ50メートルに及ぶレコード年鑑が!


展示は7つのブースに分かれていてそれぞれにテーマがある。


50年はエルビス、60年代には入ってビートルズが登場。







そろそろ私が知っている懐かしいジャケットが現れる。ジャクソンブラウン。


私も所有しているイーグルス「呪われた夜」。


MTVはよく見ました。聞く時代から見る時代へ





そしてジャケットアートギャラリーのブースへ。
YMO


AOR ボズ スキャッグス「シルクディグリーズ」


TOTO ターンバック

シンディローパー「ニューヨークはダンステリア」

名盤イーグルス「ホテルカリフォルニア」

ドナルドフェイゲン「ザ・ナイトフライ」


J.Dサウザーにボストンなどなど!私の世代でした。


1989年を境にアナログレコード生産が消滅しCDにとって変わられ、ポピュラーミュージックの世界にデジタル化の波が押し寄せ、レコーディングのスタイルも変化し、機材も含め音楽の聴き方も変わっていった、そしてインターネット上の音楽配信が一般化し、世界中の町からレコードショップが消えていった。(リーフレットより)今はLPはもちろんCDプレーヤーさえ持たない新しい世代。でもこの展示会を見るとターンテーブルが欲しくなると思います。入場料を払ってでも見てみたい良い展示会でした。まだ行ってない方は是非お勧めです。と言う事で「世界を変えたレコード展」の巻でした。








プロフィール

FC2kanbi

Author:FC2kanbi
のんびり景色を見ながら走るのが好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR