FC2ブログ

桑酒モヒート

令和二年のブログ初めです。
喪中につき新年の挨拶は控えさせて頂きます。
m(_ _)m。



年末に滋賀県の北国街道、木之本、山路酒蔵で買ってきた「桑酒」で山路酒蔵さんおすすめの
" 桑酒モヒート" を作ってみました。









グラスに、手もみしたミントの葉を入れ、氷を多い目に入れ、桑酒、レモン、炭酸水の順で入れマドラーで静かにかき混ぜて出来あがり。
作り置きの燻製玉子を添えて。
20200102030057a9f.jpeg




桑酒モヒートで今夜も一杯、至福の時です。
桑の葉の香りがほのかな口当たりの良いお酒でした。
今年も宜しくお願いします。
と言う事で「桑酒モヒート」の巻でした。
2020010203003348d.jpeg

蒸し帆立貝柱の燻製


買ってきた蒸し帆立貝柱(生食用)に満遍なく岩塩をふりかけ、冷蔵庫でラップをかけずに3時間乾燥、いつもの様に中華鍋でヒッコリーのスモークチップで燻製にします。
ビフォア。
20190822190526965.jpeg


アフター!!
201908221905392a9.jpeg


そして一晩冷蔵庫で寝かせて、今夜の晩酌に!!!
20190822190558f04.jpeg


以上、蒸し帆立貝柱の燻製の巻でした。
20190822190611af7.jpeg

キビナゴ 一夜干しの燻製

久々の燻製ネタです。今回の材料は、キビナゴの一夜干し。
20190627003552048.jpeg


このキビナゴをいつもの様に中華鍋でヒッコリーのスモークチップを使って燻します。
ビフォー!!

20190627003616902.jpeg


アフター!!
20190627003635b49.jpeg


お皿に盛り付けて
201906270036553d4.jpeg


今夜は天野酒純米吟醸でいただきまーす!!と言う事で「キビナゴ一夜干しの燻製」の巻でした。
20190627003718f1f.jpeg


合鴨の燻製

久々の燻製ネタです。
宴会の準備で合鴨の燻製を久しぶりに作ってみました。
鴨ロース肉にフォークを突き刺し漬け込み液(ソミュール液)を浸透しやすくします。



そしてハーブ(セージ、ローリエ、)とにんにくを少々。


それをソミュール液(塩とハーブ、黒胡椒で作った漬け込み液)に赤ワインを入れて一晩漬け込みます。



一晩寝かせたら、次はソミュール液だけを捨てジップロックごと80度のお湯で30分ボイルします。





ボイル後、粗熱が冷めたら冷蔵庫で一晩乾燥、スモーカーにサクラのスモークチップを二握り、アルミホイルの上に載せ。




汁受け皿を敷き、網の上に鴨肉を載せて。



30分燻煙(熱薫)します。スモーカーはSnow Peakのコンパクトスモーカーを使用。


いい感じに燻せました。


一晩冷蔵庫で寝かせて、本日、味見のため、白ワインで晩酌。ワインはAlpaca(チリ産、白は2種類、赤は3種類)値段はリーズナブル¥500前後ですが美味しさはKottaman師匠の御墨付き!


O&CO.白トリュフアロマオリーブオイルをかけていただきます。



ペルシャグレー岩塩を少し付けて今宵も一杯。シアワセ!シアワセ!!


そして今晩、これまた宴会用にタマゴの燻製の下ごしらえで漬け込みました。
と言う事で「合鴨の燻製」の巻でした。


燻製おつまみで晩酌

久々の燻製ネタです。
はるばる仙台から帰阪した姉のおみやげ、宮城県産ではないが秋田の名物「いぶりがっこ」仙台では手軽にスーパーで手に入るそうです。




このいぶりがっこをクリームチーズで和えて今夜の晩酌と思ったのですがそれだけでは寂しいので、昨日、タラコの燻製と初挑戦の紅生姜の燻製を作りました。
before



after



そして今夜の晩酌、いぶりがっこのクリームチーズ和え、紅生姜の燻製。



アボカドの短冊にタラコの燻製をのせて
天野酒純米吟醸で頂きました。





アボカド🥑に紅生姜もよく合いました。アボカド自体に味が無いので何をのせても合うかも知れません。以上燻製おつまみで晩酌の巻でした。


プロフィール

FC2kanbi

Author:FC2kanbi
のんびり景色を見ながら走るのが好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR