FC2ブログ

今日の工作

久々の機械工作、デモンタ連結金具の♂型をΦ20のステンレス丸棒から削り出し。
デモンタ金具


センタードリルで芯もみをして、M5タップの下穴をあけ。
デモンタ金具1


ハブのクイックシャフトに合わせてM5のタップを立てます。
デモンタ金具4

材料を旋盤のチャックから外して切断して裏加工。
kousaku0.jpg


タップ孔の面取りをして完成。
デモンタ金具6

フロントハブに取り付ける♂型が完成。
kousaku.jpg


先に作って置いた♀型とそれぞれクイックシャフトに付けて完成。
bbb.jpg


デモンタに取り付けた例。と言う事で「今日の工作」の巻でした。
demonta.jpg

愛宕山麓サイクリング

3月20日(土)三連休初日 kottaman師匠とM谷さんの3人で愛宕山の麓を亀岡まで走ってきました。
JR大阪駅に集合、京都で乗り換え保津峡駅からスタート。
IMG_1354 (1)_040



保津川の支流水尾川を遡り柚子の里と呼ばれる水尾の集落に到着。休憩&水分補給。
IMG_1360_040.jpg


この集落からも愛宕神社への参道(登山口)が有ります。
IMG_1358_040_092.jpg


休憩後は山の斜面の柚子畑を見ながら神明峠に向けて坂を登ります。
IMG_1363_038.jpg


来年1月に80歳を迎えるkottaman師匠と御歳73歳のM谷さんのパワフルな登り!!
IMG_1367_032_080_085.jpg

神明峠を超え更に登る。
IMG_1373_030_065.jpg


ピークを超え杉林を抜けると樒原(しきみがはら)の集落、開放感のある棚田が広がります!!
IMG_1379_020.jpg



この日は気温16度の予報でしたが北よりの風が強く肌寒い1日でした、棚田を見下ろすビューポイントで休憩。
愛宕神社の鳥居がお出迎え!!
IMG_1387_017.jpg


樒原から更にくだって本日の目的でもある越畑にある”まつばら”と言うお蕎麦屋さんに開店前に到着。人気のお蕎麦屋さんで、既に行列が出来ていました。
IMG_1389_025_070.jpg



程なく開店、本当は天ざる蕎麦を注文予定でしたが身体が冷えていたので3人とも温かいお蕎麦を選択、美味しいお蕎麦と揚げたての天ぷらに舌鼓。
IMG_1392_025_070.jpg


デザートに蕎麦掻ぜんざいを注文、これがボリュームあり過ぎておなかがパンパンに・・・・!!??
IMG_1393_025_070.jpg


”はらごなし”のためになったか?どうか??そこから向かい風の中を紅葉峠まで走って紅葉峠展望台に到着。
IMG_1400_025_085.jpg


ここで珈琲タイム!!M谷さんが用意してくれた珈琲を頂きます!!
IMG_1423_018.jpg


眼下に広がる京都府南丹市の田園風景と亀岡盆地の景色を楽しみながら!!
IMG_1399_025.jpg



珈琲でマッタリした後は麓までくだり。神秘的な池を見て。
IMG_1408_025_080_090.jpg


田園風景の中を走ってJR亀岡駅から帰阪しました。と言う事で「愛宕山麓サイクリング」の巻でした。
IMG_1411_020.jpg

和歌山史跡?プライベートラン?

2月24日(祝)の話、(前の記事のあくる日)になりますが自転車仲間3人(M谷さん、Kさん)で和歌山へ。
南海線和歌山市駅まで輪行、自転車を組み立ててM谷さんの案内で周辺を散策、まずは「養翠園」(ようすいえん)。

養翠園は文政元年(1818年)紀州第十台藩主、徳川冶宝(はるとみ)により同八年にわたり造営された大名庭園(冶宝の隠居所)
wakayama.jpg


海水が混じる中庭の広い池。
IMG_1103_022.jpg


湊御殿(みなと) 紀州藩主の別邸   茶室など紀州徳川家所縁の贅沢な隠居後の住まい、幾度かの焼失後、天保三年(1832年)、第十一台藩主徳川斉順(なりゆき)の手により再建され、一時期は個人の住居だったのを和歌山市に寄贈され、指定文化財として現在に残る貴重な建造物だそうです。
IMG_1105_022_090.jpg



そして雑賀崎(さいかざき)まで走って、番所庭園(ばんどこ)。
IMG_1120_022.jpg


IMG_1108_022.jpg


この番所庭園は庭園自体が岬になっていて、黒船来襲時の見張り番所、砲台跡が残っています。
IMG_1111_022_087.jpg

紀伊水道を望む絶景、淡路島が見えています。
IMG_1115_025.jpg


そして雑賀崎灯台。
IMG_1122_022.jpg


ここからも紀伊水道の絶景!!
IMG_1124_022.jpg


そして岬を周って!
IMG_1107_018.jpg




この橋(奥和歌大橋)の上からの雑賀崎の風景は?!
IMG_1130_022.jpg

イタリア地中海のアマルフィ海岸のようだと話題になったらしい!?
IMG_1127_018.jpg

IMG_1125_025_090_090_090.jpg


そこから和歌川、和田川沿いに走り、M谷さんが御朱印を集める伊太木曾神社、日前宮を周ってJR和歌山から輪行帰阪しました。
IMG_1134_023.jpg

と言う事で”和歌山史跡?プライベートラン?”の巻でした。
IMG_1118_022.jpg

東海道を草津から亀山まで「ひざくりげ」

1月19日(日)草津(滋賀県)から亀山(三重県)まで、東海道を走って来ました。
JR大阪駅でM谷さんと待ち合わせ、草津駅(滋賀県)まで輪行。
IMG_0447.jpg
IMG_0630_060.jpg



草津追分から東海道に入り。
IMG_0457.jpg



栗東市、六地蔵の一里塚(江戸時代の距離を現す目印)で休憩、東海道にはこの一里塚がいたるところに残っています。
IMG_0465 (1)

向かいには近江富士(三上山)が見えます。
IMG_0466.jpg

街道沿いには文化財に指定されている町屋などが多数点在します(旧和中散本舗(薬屋さん))
IMG_0467 (1)


さらに東海道のええ道で石部宿に到着。
IMG_0472 (1)

IMG_0631.jpg


石部駅の休憩所でトイレ休憩。
IMG_0473.jpg

天井川の由良谷川(トンネルの上には川が流れています)隋道をくぐって、ええ道が続きます。
IMG_0482.jpg



しばらく走って水口宿。野洲川の渡し跡にある常夜灯(高灯篭)。
こんな史跡を巡りながら更に東海道のええ道をのんびり走る。
IMG_0487.jpg

水口宿 東海道五十番目の宿場町。
IMG_0491.jpg
IMG_0622.jpg


そして江戸時代から昭和初期にタイムスリップして?水口に来たなら是非見ておきたかった、「旧水口図書館(昭和3年)」
設計はあのヴォーリズ建築事務所。水口小学校の敷地内にあり、ヴォ-リズ建築の「珠玉の小品」と賞賛されているそうです。
興味の無い人にはわからないかもしれませんm(_ _)m!?
第2・第4日曜のみ公開、この日は第3で残念!!
IMG_0497.jpg

玄関のレリーフがなんともヴォ-リズです!(わかるかなぁ?わかんねぇだろうなぁ!??(笑い)
IMG_0495.jpg

そして元に戻って、お昼も近いので水口宿の町屋を改装したレストラン?で昼食。
IMG_0514.jpg

”ポークステーキランチ”お肉はもちろんスープも大変美味でした!満足!(満腹!)
IMG_0509.jpg

さて、お腹も膨れた所で腹ごなし、鈴鹿峠を超え三重県に入ります。(鈴鹿峠ピーク気温は8度)
IMG_0517.jpg

少しくだって坂下宿にあった趣のある、旧坂下小学校廃校跡。
IMG_0519 (1)

この廃校はリニューアルされ「鈴鹿峠自然の家」と言う名のレクリエーションハウスとなって再利用されていました。
IMG_0520.jpg



坂下宿を通り抜け。
IMG_0522.jpg
IMG_0623_065.jpg


関宿に到着。(輪行に特化したオリジナル加工を施した2台のデモンターブル詳細は企業秘密!(笑)!??)
IMG_0527.jpg


江戸時代の宿場町がそのまま残る「関宿」!!この景色が見たくてやって来ました!!!
IMG_0540.jpg

幸運な事に人が少なく外国人観光客にも一人も合わず!!
IMG_0554.jpg



せっかくなので、走り抜けずに自転車を押して徒歩で関宿を散策!!
IMG_0561.jpg



関宿を心行くまで目に焼き付けてきました!(おおげさ!?)
IMG_0573.jpg

「伊藤本陣跡」
IMG_0563.jpg

IMG_0628.jpg


そしてまた一里塚で休憩、樹齢?百年の椋の大木が迎えてくれました。
IMG_0581.jpg


ラストは亀山宿、亀山城跡まで走り。JR亀山駅より輪行、帰阪しました。案内いただいたM谷さんお疲れ様でした、ホントええ道ばかりで心に残る、東海道ツーリングでした、有難うございました。と言う事で、「東海道を草津から亀山まで ひざくりげ」の巻でした。
IMG_0590.jpg

IMG_0625 (1)

令和元年の走り納め?湖北サイクリング

12月21日(土)今年の走り納め?湖北(琵琶湖)を走って来ました。
JR大阪駅でM谷さんと待ち合わせ北陸本線、木ノ本駅まで輪行。
IMG_0142_040.jpg


先ずは木ノ本宿、北国街道を散策。
IMG_0154_040.jpg


ここに来たからには素通りできないパン屋さんが・・・・!? ”たくあん”の入ったサラダパンで有名な「つるやパン」に立ち寄ります。
IMG_0152_040.jpg


このブログを始めた頃に中学生になったばかりの娘と来て依頼、娘も好物のサラダパンとサンドウィッチをいきなりお土産に買ってしまいました。
IMG_0212_040.jpg



旧本陣跡、江戸時代から続く本陣薬局。
IMG_0148_040.jpg







そして山路酒蔵、まだ青い杉玉は新酒の証し!!
IMG_0160_040.jpg



五百年くらい前から造られている「桑酒」、(桑の葉を焼酎に漬け込み伝統みりん製法で作ったお酒)最近は今っぽくモヒート(炭酸水で割り、レモン、ミントの葉を添える)で嗜むのがおススメだそうです。(これも正月用のお土産に・・・!?)
IMG_0270.jpg


そして北国街道を離れ、余呉川沿に賤ヶ岳方面に走ります。
IMG_0163_040.jpg



余呉川沿いのええ道を走って。
IMG_0166_040.jpg


旧賤ヶ岳隋道。車はR303の賤ヶ岳トンネルに流れるので、ほとんどこの旧道は通りません。
IMG_0170_040.jpg

旧賤ヶ岳隋道を抜けると、すぐにこんな絶景が!! あいにく逆光で残念ですが。桜の名所、海津大崎と竹生島が望めます。
IMG_0174_040.jpg




この場所は自転車雑誌の表紙にもなった絶景ポイントです!!!
IMG_0377.jpg







こんな景色を見ながら走れるほんとに”ええ道”です!!!
IMG_0182_040.jpg

そして塩津から岩熊(やのくま)トンネル、奥琵琶湖トンネルを超えてマキノ高原に入り知内川CRを走って。
IMG_0190_040.jpg



本日の目的地、M谷さん念願の、マキノ高原「メタセコイヤ並木道」を走ります。紅葉には少し遅かったようで残念ですが!?
IMG_0205_040.jpg

(M谷さん提供)
DSCF0018 (Edited)



並木道にある道の駅「ピックランド」で昼食。おにぎり、カップ麺、珈琲を淹れてマッタリ。(写真無し m(_ _)m。)
IMG_0206_040.jpg

昼食後はマキノから湖岸道路に出て今津を目指して走ります。
IMG_0227_040.jpg

そして「ヴォーリズ通り」を通り。
IMG_0237_040.jpg

ヴォーリズ資料館(旧百三十三銀行今津支店 大正12年)
IMG_0239_040.jpg

日本で数多くの西洋建築を手がけた建築家ウイリアム・メレル・ヴォ-リズ。
IMG_0272.jpg

滋賀県には他にも彼が手がけた建物が数多く存在します。
IMG_0244_040.jpg



日本基督教団 今津教会(昭和9年)現今津幼稚園。
IMG_0246_040.jpg


旧今津郵便局 (昭和11年)
IMG_0254_040.jpg

中では保存会主催のクリスマスジャズコンサートが開催されていました。
IMG_0255_040.jpg

そして今津駅から輪行。帰阪しました。と言う事で「令和元年の走り納め?湖北サイクリング」の巻でした。
IMG_0256_040.jpg

プロフィール

kanbi

Author:kanbi
のんびり景色を見ながら走るのが好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR