FC2ブログ

大正 リトル沖縄と渡し船ポタ

通勤電車の駅で見つけた1枚のパンフレット、なんとなく気が引かれて持ち帰り、見ていたら・・・無性に行った事も無い沖縄の料理が食べたくなって、本日、大正区の通称リトル沖縄まで自転車でポタリング(散歩)して来ました。
                駅で見つけたパンフレット

 
家を出て、いつも走っている大川を下流目指して走ります。、

 
途中の中ノ島中央公会堂

 
大阪国際女子マラソンのこの日、”2013 Osaka Womens' marathon"と背中にプリントされた
黄色いウインドブレーカーを着たボランティアのスタッフの方々があちらこちらで準備中でした。

 
マラソンの準備を横目に程なくして大正区の京セラ大阪ドームに到着

 
遅めの出発だったので早速、昼食を取ろうとパンフレットに載っていた
沖縄料理”いちゃりば”というお店に入りました。

ちょうど昼時だったので結構人が並んでいました。
待っている間、店の隣に併設されているお土産屋さんで時間つぶしが出来るようになっていました。
う~んよく考えて有りますな・・・!

 
注文したのは"ソーキそば”チャーシュウと言うか豚の角煮に近いトロトロの豚肉と、かまぼこ(白)
紅しょうが、これがまたアッサリ系のスープに良く合っていました。
麺はうどんの様にふと麺で腰があってとても美味でした。

 
もっと他にも食べたかったのですが、渡し船に乗る待ち時間を考えて今度の楽しみにとっておくことにします。
 
今日、一つ目の渡し船は尻無川の”甚兵衛渡船”
この辺の渡し船は全て無料、自転車もOKなので助かります。
ほんとに渡し船と言うだけあって対岸に船着場が見えています。
私のような観光客?は少なく地元の方がほとんど通行の為に利用されているようです。

この渡し船からはすぐ後ろに尻無川の水門が見えます。

 
二つ目の渡し船は”千歳渡船”千歳大橋の真下の渡し船で今回乗った渡し船の中で一番距離が長く景色も最高でした。

手前に”なみはや大橋”奥には”港大橋(阪神高速)”が見えます。

 
そこから少し”陸”を走り北欧(スウェーデン)家具と雑貨で有名な”IKEA”の横を通り

 
3つ目の渡し船、通称”めがね橋”(自動車専用の橋で両岸の上り下りが螺旋状に成っている為この名がつけられた)で有名な一本松大橋の下の、”一本松渡船”に乗り

 
4っつ目の渡し船”落合下渡船”に乗り

 
5つ目最後は”落ち合上渡船”ここは木津川の水門がありました。

渡し船を心ゆくまで堪能して来ました。

 
帰りはこの木津川を遡り堂島川、中ノ島、大川を経て帰途に着きました。
お土産は沖縄の定番おやつ”サーターアンダギー”を買って来ました。
沖縄の言葉でサーター=砂糖 アンダギー=油で揚げる と言う意味だそうです。
そのまんまですな!!という事で本日のポタリングでした。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

たらこの燻製

本日の燻製は、超簡単!たらこの燻製です。
この燻製は漬け込み、味付けは一切いりません、ただ、たらこを買って来てラップをはがし冷蔵庫で乾燥させるのみで手間要らずとは裏腹にとっても美味しい酒の肴になります。おススメです!!!
乾燥させる時間は賞味期限ギリが良いです(私の場合)目安としては表面が少し硬くなったくらいがちょうどいいと思います。(これも私の場合)
乾燥が終わったたらこをいつものように、中華鍋にアルミホイルを敷きその上にヒッコリー(オニグルミ)のチップを一握り、網を敷いてたらこを載せ蓋をして10分~15分燻煙します。

最初は強火、煙が出だしたら弱火にして10分ぐらい燻煙

 
出来上がりはこんな感じ。

これを薄くスライスし、大根の短冊(これも薄めにスライス)と紫蘇の大葉、
のりを重ねて”からすみ風”で頂きます!!
ほんとに、からすみ、のような食感です!!絶品!!!(自分で言うのもなんですが・・・?)

 
画像上のうなぎのような物は太刀魚の干物の燻製です。
この干物は乾燥もいりません、干物だけに乾燥済みなのでただ燻すだけです。
干物はもっとも簡単な燻製素材です。これも、おススメでっせ!!
ああ今夜も赤霧島(焼酎)が止まりません!!!
っという事で本日の燻製でした。

      

宇治サイクリング

3連休初日、京都の宇治まで行って来ました。木津川、宇治川、桂川が合流する、天王山大橋で自転車中間と待ち合わせ宇治川を遡り、宇治橋に到着(いきなりですが道中の写真がありません)

ここから、宇治平等院を見に行こうと少し走り・・・
 

平等院に到着!!
 

拝観しようと思ったのですが、平等院は来年の3月いっぱいまで修復工事中という事で仕方なく拝観を諦め
少し上流の天ヶ瀬ダムまで行って見ました。
 

運よく放水中だったので迫力のある天ヶ瀬ダムを見ることが出来ました。
 

一緒に行った自転車中間のnae&hidejiご夫妻はお揃いのCASTELLIのジャージで登場!!
 

もちろん御歳72歳のオヤジ殿も登場、今回のツーリングはオヤジ殿に案内していただきました。
ありがとうございました。
 

天ヶ瀬ダムをあとにして帰りは伏見の酒蔵に向かいます。
 

月桂冠大倉記念館に到着、ここは創業360年の酒蔵で京都有形民族文化財に指定された酒造用具が見ることが出来ます。
 

本当は利き酒も有ったのですが自転車という事で試飲出来ず、お土産だけ買う事に!!
           

伏見と言えばここも立ち寄らないといけません、坂本龍馬で有名な寺田屋です。
このあと、遅い腹ごしらえをして帰途に着きました。以上今回は歴史街道散策という感じのライドでした。
 
 
 
 
 
 
 

久しぶりの更新 チキンレッグの燻製

新年明けましておめでとうございます。久々のブログ更新となりますが本年もよろしくおねがいします。
本日の燻製は、チキンレッグ(骨付きもも肉)の燻製です。
本当はクリスマスにやろうと思っていたのですが、年を越してしまいました。
 

骨付きもも肉をフォーク等で刺して味が染み込むようにしてジップロック等に入れます、そこにハーブと塩で作った漬け込み液、白ワイン、にんにく、鷹の爪、お好みのハーブ、(今回はセージとオレガノ)ベイリーブ(月桂樹の葉)を入れて冷蔵庫で一晩寝かせます。
 

ジップロックから出した鶏肉を軽く水洗いしてペーパータオル等で水分を拭き網を敷いた中華鍋に入れて
ワイン蒸しにします。(約20分くらい)
 

蒸しあがりはこんな感じ!!!
 

2~3時間、風乾後、いよいよ燻す段階に入ります、今回のスモーク材(チップ)は左からウイスキーオーク(ウイスキーを醸造し寝かせていた樽をスモークチップにしたもの)次がリンゴのチップ最後が綿菓子等で使うザラメ砂糖、これは色付け用に使います。この3つをブレンドしてスモークします。                                    

ブレンドしたスモークチップを中華鍋に敷いたアルミホイルの中に入れます。
いつもはこの上に網を敷いて材料を載せるのですが鶏肉の場合どうしても脂がたれるのでチップに染み込まないようにアルミホイルにマチを付けて上にもアルミホイルでかるく蓋をします。
 

準備完了!あとは蓋をして燻煙開始!!
 

最初は強火で煙が出だしたら弱火で約20分燻煙(熱燻)
 

いい色に出来上がりました。
 

このチキンレッグの燻製を使っていろいろ調理することが出来ます。
もちろんそのままでもビール、ワイン、焼酎なんでも来いの肴になります。
調理例はまた後ほどという事で本日の燻製でした。
 
プロフィール

FC2kanbi

Author:FC2kanbi
のんびり景色を見ながら走るのが好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR