FC2ブログ

アルマイト剥しと燻製下ごしらえ

先日、ナニワ銀輪堂さんで購入した”Easy Off”と言うアルマイトを簡単に剥せるスプレーを試しに使ってみました。最新のレストア本にも紹介されていました。
TAのスリーアームのクランクのアルマイトを剥します。

 
                     スプレーを吹き付けます。
                 白い泡がまとわるように付着します。
何か薬剤らしからぬ匂いがします、でも身体に悪そうな臭いではなさそうです、多分香料を使っているのでしょうが、アルマイトが剥せるという事は劇薬に違いは無いので換気は絶対必要です。

                 
 
しばらく置いて(4~5分)ウエスで拭き取ってみます、剥れているようないないような??

 
          ウエスで泡をふき取って少し磨くと簡単に取れました。
            磨いていない所との境目がよく分かります?!

           このあとチェーンリングも同じ様にやってみました。

         
         まさに★Easy Off★出来ました!正月休みはこのTAのクランクを
               ピカピカに仕上げるのが目標です。

 
                  新たなる野望が・・・・!!

 
                    そして・・・・・・・・・・・・!?

 
さらに・・・・・・・・??!!

 
もうひとつオマケに今日サーモンとチキンを漬け込みました。
正月の楽しみが倍増です。



これが今年最後の投稿になると思います。
それでは皆様(極少数ですが・・汗) 良いお年をお迎え下さい。
来年もよろしくお願いします。
 

アナログ&デジタル

年末でバタバタしていてブログの更新をサボっておりました。
12月21日の話になりますが、自転車中間のKittさんがMTBの油圧ブレーキのメンテナンスをすると言う事で、勉強がてら淀川CRを遡って行って来ました。
向かう途中、ストライダー(コマが最初から付いていない幼児用の自転車)のキンダーレースの練習風景に出会いました。クリスマスも近くサンタのコスプレをしたライダーも居ました。

プロテクターも着けて完全武装です。かわい~!!

 
油圧ブレーキのメンテと言う事で、今日の相棒は久々のフルサスのMTB。リジッド&VブレーキのMTBがアナログなら、さしずめこいつはデジタルと言ったところでしょうか??

 
里山トレイルはもちろんの事、

 
雪山トレイルや、

 
ゲレンデダウンヒルも楽しみたかったのでこんなカタチを選んでしまいました。
ランドナーにお乗りの方にはMTBはリジッドにVブレーキやろ!!(またはパスハンター)っと白い目で見られそうですが、楽で安全な方?を選んでしまいました。

前置きが長くなりましたが、15キロほど走って待ち合わせの自転車屋さんに到着、
ブレーキレバーを地面と平行の位置に固定して、油圧ブレーキのリザーバータンクの上面の蓋を開けます。写真には写っていませんが蓋とリザーバータンクの間にはオイルが漏れない様にゴムのパッキン(Oリング)が入っていました。
オイルが漏れて下に落ちないようにタオルで囲んでいるので分りずらいですが・・・!

油さし等を使ってリザーバータンクのオイルを補充。

次にリザーバータンクのオイルのレベルに注意しながらキャリパー側のブリードニップル(オイルのエアー抜きのバルブ)にチューブを差し込んでその先にナイロン袋などでオイル受けを作ります。次にブリードニップルをスパナで緩めます。
この状態でブレーキレバーを何回かそっと握りオイルをタンクに補充しながらブレーキホースにオイルを充填します。チューブからオイルが出てきて気泡が無くなればブリードニップルを閉めてリザーバタンクに空気が入らないように蓋をして完了、
一人では出来ないかも??なかなか大変でした。

以上、久々のMTBのお話でした。
 
 

寒むポタ

気温10度以下強風の寒い中、最新のレストア本でも紹介された、大正区のナニワ銀輪堂さんまでポタリングがてら行ってきました。いつものお散歩コースの大川から堂島川沿いに走り、中ノ島中央公会堂を通って
大阪港方面に走ります。

 
         大正区に入り大阪ドームを目印に港通りを走り。

 
                ナニワ銀輪堂さんに到着!
     (店の前で寒そうにしているのはレストア本に出ていた店長さん)

 
ここに来たのは1/24スケールのミニチュアBicycleを拝見するのと日線と言うメーカーのステンレス製ブレーキアウターを購入するのが目的でした。

 
ヤマモト マサユキさん作 1/24スケールのTOEI ランドナー、ノーパンタ方式のシクロの変速機やジルベルトゥのフロントバック 、レイノルズ531のラベルまで忠実に作られていました!!一見の価値大有りです!!

 
他にも英国製クラブマンモデルのプロムナード(中央)、Cinelliのピスト(右)がありました。
大きさが確認できる様に私のサングラスを棚に置かせていただきました。
細かな細工まで見れるように店長さんが虫眼鏡も置いてくれています。

ポストカードもオマケにいただきました。

 
今日は寒いのでもう誰も来ないだろうと店長さんと話していたら三人ほど来客があり自転車談義で盛り上がっていました。
実は先月の初めにもナニ銀さんにおじゃまをしていて、その時に関西ではあまり見かけない SW WATANABE のデモンターブルをオーダーして、その日初めて乗ってこられた
常連さんにも今日偶然お会いしました。その方の自転車がこれ。
(写真は先月に撮影した物)
フロントフォークのジルベルトゥの小ぶりなサイドバッグ用のサポーター(キャリア)が目を引きます。

ハブ、変速機、クランク、レバーは全てシマノ105でまとめてありました。
オーナーの方の話ではフレーム以外はビルダーの渡辺さんにお任せだったそうで、
これからまた部品を変えていく計画だとか!?
サドルバッグキャリアも特注品!
今日も、もちろんこのデモンターブルを乗って来られていました。

と言う事でミニチュアも含め大変貴重な自転車を拝見できたひと時でした。
最後に本日購入のブレーキアウター(右)半透明のブラウン色とステンレススプリングアウターでした。

 
 
 

サーモンの燻製おつまみと御近所ポタ

急に真冬の様な気候になったこの週末は外に出るつもりは無かったのですが、
天気が良いのでいつものお散歩コースをランドナーで走って来ました。
先週京都まで買いに行ったサドルバッグを付けたまま出掛けました。
さすがに気温が一桁となると人もまばらで閑散としていました。(大川桜ノ宮付近)

 
そこから少し走って、いつもの大川沿いの日当たりの良いベンチで野点と読書を楽しむことにしました。
ベンチに座って野点の用意をしていたらカモメ?が川の柵の上に集まってきました。
餌でももらえると思ったのでしょうか??

 
最初は1羽だけだったのが気が付くと綺麗に1ダース??ほど並んでいました。

 
日当たりが良いベンチで暖かそうに見えますがメチャクチャ寒いのでミニチキンラーメンのスープで身体を暖めることにしました。

 
♪ すぐおいし~♪ すごくおいし~♪ まさにその通り!身体が温まりました!!


 
食後はもちろんコーヒーでさらに身体を温めて、の~んびりした時間を過ごします。

 
こんな事をしながら、ベンチで景色や野鳥を眺めて一人で居られるのは歳をとった証拠でしょうか・・・??(自転車で出かけた先で野点でマッタリするのが永遠のマイブームです。)

 
このあと淀川CRを遡り、イトーサイクルで買い物をして帰って来ました。
その買い物がこれ、サドルに付ける”バックループ”、今までは東京サンエスから出ていた
VIVAブランドの物が有りましたが・・。

今回買ったのはMade in USAの”Velo ORANGE”(ベロ オレンジ)と言うメーカーから出ていたステンレス製のバックループ!

 
ベルトを通す孔もVivaの物より幅が広く、今回買ったサドルバッグにも対応しそうです。
早速、バックループの無いサドルに取り付けてみました。
アップで撮影したので無骨に見えますが・・・

サドルバッグを付けてみると、そんなに目立たないと私は思いました。
サドルバッグ派の方は是非!!おススメです。

 
話は変わりまして金曜日にさかのぼり、お刺身用のサーモンを買って来て
おつまみ燻製を作ってみました。

 
サーモンをサッと水洗い、キッチンペーパー等で水気を取り、塩または岩塩等を満遍なく
裏表にふりかけます。

 
この状態で冷蔵庫でラップをせずに一晩寝かせます。

 
一晩寝かせると塩が浸み込んでさらにラップをしていないので乾燥も終了!

 
あとはサクラのスモークチップで燻すだけ!

 
サーモンの燻製おつまみの出来上がり!!

 
今夜の晩酌のおともになりました。

 
飲んだあとは少しほぐして、大葉、青ねぎを刻んで
わさびを添えて燻製鮭茶漬けで〆!!
本日の Ride&Smoke でした。

プロフィール

FC2kanbi

Author:FC2kanbi
のんびり景色を見ながら走るのが好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR