FC2ブログ

楽しい出来事

ZUNOWのランドナーがあんな事(フレームのクラック)になってしまったのですが経済的な理由で直す目どが立たないので、とりあえず今手持ちの部品とZUNOWの部品を移植して同じ理由で製作途中だったスポルティーフを急遽 組み上げる事にしました。
土曜日は天気が良かったので淀川でも走ろうと思っていたら、会社の自転車中間からお誘いがあり昼過ぎまで淀川CRをポタって来ました。
豊里大橋付近、私はMTB、前を行くKさんのケルビム(改)のピストとYさんのBSレイダック(改)のピスト、雲ひとつ無いいい天気で気温も暖かかったのですが淀川特有の風が非常にキツかったです。

 
河川敷の花(名前が分りません)も満開です。

この日の帰りにイトーサイクルにブレーキインナー等の小物を買いに寄り道したら、自転車(ランドナー)ブログで有名なCANCANさんとバッタリ、CANCANさん主宰の”月うさぎキャンプ”で2度ほどご一緒した事があるので初対面ではなく、昨日まで行ってたツーリングの話しなど楽しい話を聞かせていただきました、そのうえCANCANさん謹製のカレンダーをいただきました。とてもラッキーな一日でした。
CANCANさんのブログhttp://canpal.info

 
日曜日の今日は昨日の天気がうそのように朝から雨模様,絶好の自転車いじり日和でした、部品がはずされた寂しいZUNOWのランドナー(涙)

 
先ずはZUNOWのホイルをそのまま使うのでガード(泥除け)から取り付け作業に入ります。ストックしていた本所のH27-700Nと言う700C用のガードに穴を開けてガードステイ、リフレクター(反射板)を取り付けました。

 
リフレクターは昨年ヤフオクで落とした物、個人で製作されたそうで凄く出来が良いので
とても気に入っています。もちろんアルミの無垢材からの削りだしでキムラ製作所の物にも負けずしも劣らずです。仕上げはこっちの方が綺麗です。

いつも苦労するのがガードとタイヤのクリアランス何度も付けては外しを繰り返しスペーサーで調節していきます。

前輪もフォーククラウン下にスペーサーをカマシテ調整します。

ガードステイも長さの調整と”曲げ”が必要です。

本当はもっと先があるのですが、楽しいことは長く続く方が良いので今日はここまで、次回に続きます。本日の楽しい出来事進行形?でした。

悲しい出来事

もうひと月以上も前の話になりますが大事にのっていたZUNOW 700Cのランドナー(スポルティーフ)を掃除していたらディレイラー側のエンド部分にクラックを発見、かなりの重症でいつ断裂してもおかしく無い状態・・・!!

 
亀裂の範囲を確認するため途装を剥してみたら、溶接にス(気泡のような隙間)が有りそこから錆びて亀裂が入ったようです。なにせフレーム自体が30年以上前の物なので経年劣化というのも否めません。

いろいろな所に相談してみたのですがパイプを差し替えるか、ロウ盛りで直すか、または添え木のような物と同時溶接するしか無いようです。もちろん途装もやり直しでかなりの出費が予想されます。娘の高校受験など諸事情で大蔵大臣に相談は出来ず、しばらく封印せざるを得ません。何か良い方法があれば教えて下さい。
以上現在進行形の悲しい出来事でした。
 
 
 

長岡京サイクリング

28日(土)の話になりますが、ヘッドパーツをメンテナンスしたランドナーで昨年MTBで行った京都府長岡京市の山の中まで走って来ました。
いつも走っている淀川は、明日(今日)開催される吉本興業の間寛平さん主催の”寛平マラソン”の準備でエイドステーション等が設営されていました。

 
と言う事でいつもの淀川CRを遡って。

 
先週と同じ御幸橋を渡りさらに天王山大橋を渡ってサントリー山崎蒸留所で有名な山崎
の街を抜け長岡京市に入ります。

 
ここから徐々に登りに入ります。沿道の梅が満開でした。春はもうそこまで来ています。

 
そこからさらに登ってハイキングコースの入り口に到着、ここから川沿いに右側のダートを登ります。

 
鳥の泣き声と川のせせらぎの音しか聞こえない静かな道を登ります。

 
しばらく行くと崖崩れで通行止めだった場所が綺麗に整備されていました。

 
 
これは一昨年の秋にMTBで来た時の崖崩れ直後?の模様。

 
そこから少し登って山の中にある池に到着、いつ来ても神秘的な綺麗な所です。

 
 
            しばらく景色を堪能したあと来た道を下ります。

 
右側は川が遥か下に流れていて深い渓になっているところもあるので慎重に下ります。
今思えばマファッククリテリウムの制動力には昔から不安があります、でも昔はこのブレーキで当たり前にダートの峠を越えたりしていたのだから怖い物知らず(若気の至り)だったのかも知れません。
それと当時ではこのブレーキが最先端て言うかこれしか無かったのだから仕方が無い気もします。正直マウンテンバイクのディスクブレーキの性能を知ってしまった今では怖くてしょうがなかったです。(小心物です・・・?!)

 
ちょっと話が逸れましたが途中寄り道をして景色の良い所で記念撮影。
さすがにこの季節はハイカーさんも少なく麓まで誰一人会いませんでした。
唯一、麓で一人のマウンテンバイカーと会って挨拶を交わしたくらいでした。

 
そこから帰りは先週と同じ淀川の対岸をくだり水無瀬のコミミズクを見ようと向かうと先週よりさらに大勢のカメラマンと望遠レンズが並んでいました。

16時半くらいまで待ちましたがこの日もコミミズクには会えずに帰途につきました。
この姿が見たかったな~!!本日の走行75キロ、長岡京サイクリングでした。
 
プロフィール

FC2kanbi

Author:FC2kanbi
のんびり景色を見ながら走るのが好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR