FC2ブログ

娘と石川ポタ

今日、4月26日(日)はこの春から高校生になった娘のリクエストで南河内の石川サイクルラインを一緒にポタリングして来ました。
柏原市役所の駐車場に車をデポジット。

先ずは市役所前の大和川のこの時期ならではの雄大な鯉のぼり。
娘も感動したみたいで今の子らしく写真を撮って即効で友達にメールしておりました。

 
そこから少し大和川をクダリ、橋を渡って市役所前で大和川と合流している石川沿いを走ります。

 
石川サイクルラインを少し走って玉手橋。昭和3年にかけられた玉手山遊園地(現、玉手山公園)に通じる鉄製の吊橋で平成13年に国の文化財に指定されたそうです。

そこからしばらく走って石川サイクル橋。ここからの眺めは最高で金剛山、葛城山、
二上山が近くに見渡せます。今日は天気はよいのですがどうも黄砂が飛んでいるみたいで霞んでいます。


 
そこからさらに走って金剛大橋をくぐり石川の鯉のぼりを見学。
風に靡いてたくさんの鯉のぼりが泳いでいるようでした。

 

 
そこから少し戻って金剛大橋を渡り、娘のお気に入りの場所、寺内町に到着。

 
この寺内町展望台の裏手からは石川越しにパノラマな風景が広がります。

 
その後レトロな寺内町を散策。

 
旧杉山邸。

 
 
娘の好きな雑貨店等も見てまわり。

 
レンガな風景にも癒され。

 
そろそろお腹も空いてきたのでお昼は寺内町のお蕎麦屋さんに入りました。

 
ここのお蕎麦屋さんの名物、お蕎麦と、あかねこ餅と言うお餅のセットをいただきました。

今日は特別にマンゴーソースがかかった自家製、杏仁豆腐もサービスで付いて来ました。
娘も大変喜んでおりました!!

 
このあとまた雑貨店や寺内町の風景を楽しんで石川を走ってデポ地の柏原市役所まで戻り帰途につきましたが・・・
その柏原市役所でなんと 人気ブログ ”うっとこの自転車” の、だいすけさんと遭遇!
クラブランで何処かへ行かれてたみたいで休憩中だったみたいです。
だいすけさん、お仲間の皆さん、平野の実家に寄る予定があったのでゆっくり話しも出来ずにスミマセンでした。
以上娘と石川ポタでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

燻製おつまみと流れ橋ポタ

スポルティーフの完成を祝って?(ただ飲みたいだけ!)燻製おつまみを作って見ました。
メニューは鶏砂肝の燻製、ホタルイカの燻製です!!
先ずはそれぞれ下ごしらえから。
 
砂肝は塩を振ってしばらく置いて臭みを抜きます。

 
 
次に醤油、みりん、日本酒、を混ぜた漬け込み液に、にんにく少々とセージ(ハーブ)を入れて2~3時間寝かせます。

 
 
寝かせたあと漬け込み液を捨て砂肝をジップロックに入れ、ジップロックごと70度~80度のお湯で10分ほどボイルします。

 

これであとはキッチンペーパー等に載せて1時間ほど乾燥して下ごしらえ完了。
次はホタルイカ、これは塩または岩塩を振り掛けるだけ。

 
あとは乾燥(風乾)のみ。砂肝と一緒に乾燥!

 
あとは中華鍋で薫煙するだけ。いつものようにアルミホイルにスモークチップを一握り。

 
網を載せてその上に材料を載せて鍋の蓋をして10分~15分薫煙すれば出来上がり!

 

 
砂肝も同じ要領で薫煙してしばらく置いて、お皿に盛り付けて今夜は青のYEBISUで
自転車を眺めながらカンパーイ!!晩酌のお供となりました。

 
オマケで先週の話になりますが流れ橋まで新しいスポルティーフでポタって来ました。
淀川CR豊里付近の八重桜が満開でした。

京都府八幡市に到着、いつもの八幡八景のひとつ安居(あんご)橋で休憩。

 
八幡から木津川CRを少し橋って流れ橋に到着、ここの八重桜も満開でした。

流れ橋は復旧の目どが立たない(2年連続で流されたため)のか、ほぼ去年訪れた時のままの姿でした。

 
帰りの木津川CR横の春らしい風景!!蓮華草と菜の花?の黄色とピンクのコントラストがなんも言えませんでした。以上燻製おつまみと流れ橋ポタでした。

 
 

輪音RUNに参加

先週の話になりますが4月12日の日曜日、久しぶりに朝から晴天、この日はブログに時々コメントを頂いている、スミだんなさん主宰の輪音RUNにゲスト参加して来ました。
本日の輪音RUNは山背(やましろ)古道(京都府城陽市から木津川市までの山際を通る全長25キロの散策道)を走り史跡を巡り井出山吹の大正池を越えて茶源郷、和束に至るコース。朝9時半にJR木津駅に集合。

 
駅前のコンビニで食料を調達し輪音RUNがスタート、木津川CRの基終点 R24泉大橋を渡り、泉橋寺、名前の通り泉大橋を守護するために建てられたお寺、ここのお地蔵さんは石地蔵では日本一の高さ(4.58m)だそうです。(スミだんなさん談)

 
さらに山背古道を辿り途中、この辺はタケノコの産地らしくタケノコの競り市に遭遇、初めて見ました。タケノコご飯が恋しくなりました!

 
 
そこからスミだんなさんこだわりのレンガな風景を混じえつつ、山背古道を少し外れて不動川砂防歴史公園を散策、砂防ダム(川の氾濫による土砂の流出を防ぐダム)の歴史がここから始まったそうです。明治にヨハネス・デ・レーケというオランダ人技師(中央の銅像)の指導で砂防ダムが築かれたのが始まり。(スミだんなさん談)

 
 
      
       再び山背古道に戻り、蟹を奉っているという珍しいお寺、”蟹満寺”
       瓦には蟹の様な紋章がありました。建て替えられて間もないらしく
        参門をくぐると木の匂いが・・・前の姿が見たかった!?

           
           そこから平成の名水百選に数えられる玉川を通り。

             
             さらに玉川沿いに5キロ登坂し大正池を目指します。

  
今日のメンバー(総勢6名)は私とスミだんなさん以外は60代~70越えの高齢者に      もかかわらず健脚ぞろい!自分の貧脚さに情けなさを感じながら何とか大正池に到着。
ここで昼食、食後は<わく>さんによるケーナ演奏を聞きながらしばし歓談。

 
山の上にある大正池は昨年も何度か訪れていますがいつ来ても良い所です。

 
 
昼食後ピークまで諸先輩方に遅れつつ、押上げを含んで坂を登り、休憩後お茶で有名な和束(わずか)方面に登りよりキツイ坂のダウンヒル、途中素晴らしい景色が広がる場所で記念撮影、坂を登ったご褒美が待っていました。

 
 
眼下に和束の茶畑が広がります。宇治茶の50%がここのお茶だそうです。(それでも宇治茶っていうのでしょうか??)

 
 
麓まで降りてきて和束茶カフェで休憩、美味しいお茶の試飲やそれぞれお土産を買って
くつろぎの時間、カフェの前にはスポーティなレンタサイクルや駐輪用のラックも備え付けてありました。

 
 
休憩後、和束川沿いにのんびり下って輪行組はJR加茂駅で車デポ組(私と最高齢のN川さん)自走で高槻まで帰られるT田さんとはJR木津駅で別かれて解散となりました。
(写真は和束川沿いにあった弥勒(みろく)摩仏)

スミだんなさんはじめ参加の皆さんお疲れ様でした。お世話になりました。
以上、楽しい楽しい輪音RUNでした。
 
 
 

京北 名残りお花見ポタ

4月11日(土)新しく組んだスポルティーフの試走も兼ねて、京都の京北までもう散ってるかも知れない桜を見に一か八か行って来ました。
朝起きると雨模様だったのですが予報では天気が回復傾向だったので決行することにしました。京都縦貫道、園部 ICを出て府道19号で日吉ダムに到着、日吉ダムサイトにある温泉施設スプリング日吉に車をデポジット。

 
朝早いので駐車場はガランとして隣にローディが4人ほど車2台で来ていました。
トイレに行こうと思いそのローディの前を通るとその中に見覚えのあるお方が・・・
会社の先輩のKittさんとこんな所でバッタリ、先々週も淀川で一緒に走ったばかり
、お互い悪いことは出来ないね!日本は狭いよ!!と言いながら少しお話をして
日本海まで往復のサイクリングにお仲間さんと旅立って行かれました。

 
 
そのあと雨が少し降ってきたので、しばらくして出発、まずは日吉ダムまで登り、ダムで記念撮影、日吉ダムのダム湖は天若湖(あまわか)。

 
 
 
日吉ダム、重力式コンクリートダム、平成9年完成。

 
 
ここの桜はまだ見ごろですが天気が・・・霧の様な雨が降っています。

 
 
そこからダムの上流、桂川を溯上します。

 
 
日吉ダムの上流の世木ダム。
このダムは日吉ダム建設に伴いダムは全体の8割以上が水没したそうですが完全に水没した訳ではなく現在は自然越流方式で発電機能を果たしているそうです。

 
気持ちの良い桂川沿いの道を桜を見ながらさらに上流に向かいます。

 
 
天気が良ければもっと綺麗だと思うのですが・・・!

 
 
 
しばらく走って宇津峡キャンプ場に到着、川の蛇行しているところにあるキャンプ場でまるで川の中州に有るように見えます。

 
 
 
宇津峡キャンプ場から府道364号には入る手前の桜並木。

 
 
 
満開の桜もありました。

 
 
桂川沿いにはまだまだ見ごろの桜並木があちこちに現れます。

 
 
 
悪天候の週末が続いてまともに花見が出来なかったのでリベンジが出来そうです。

 
 
 
さらに桂川を溯上し。

 
 
 
本日の目的地”魚ヶ淵”に到着!
満開は過ぎていましたが、散らずに待っていてくれました。

 
 
高瀬の吊橋と魚ヶ淵の枝垂れ桜。

 
この桜の木が見たくて今年もやってきました。小雨の中走っって来た甲斐があります。
地面より下まで川の方向に向かって枝垂れています。
まるで川の水が欲しくて手を差し伸べているようです。

 
 
 
何度見ても感動する風景です。

 
 
しばらく見とれていました。

 
 
 
 
思う存分堪能したあと上流に向かっているとまた雨が降って来たので京北周山駅近くの弓削川沿いの公園の東屋で昼食を兼ねて雨宿り。

 
 
 
東屋の外も桜が満開でした。

 
 
 
予定ではもっと桂川を遡るはずだったのですが雨足が強くなり断念。
納豆発祥の地である山国地区の山国神社、

 
 
 
その裏手の上桂川にかかる沈下橋を見て引き返すことにしました。

 
 
 
帰りは魚ヶ淵の枝垂桜を見に来ていた地元の方が教えてくれた廃校になった中地(ちゅうじ)地区にある小学校の校庭にある桜が綺麗だということでちょっと寄り道してみました。
国道477号から階段を上がって来ると校門が有りました。両脇が桜の木
散った花びらが雪の様でした。

 
今はもう使われることの無い体育館と朝礼台、珍しく校庭には神社がありました。

 
 
校庭の周りにも桜の木が。

 
 
と言う事で雨には時々降られましたが思う存分花見を楽しめたサイクリングとなりました。

以上京北 名残りお花見ポタでした。
 
 
 
 
 
 

うれしい出来事!スポルティーフ完成と試走ポタ

完結編です。
チェーンはKMCのミッシングリンクを使いたかったのでシマノのHGを使用しました。
チェーンのメンテナンスには欠かせません。

 
Wレバーはカンパビクトリー、和洋折衷です。有り合わせで組んでます・・・!?

 
 
シフトワイヤーは最近VIVAから発売されたサンプレ用を使いました、カンパとサンプレはワイヤーのタイコの径が細いのでシマノ等の物は加工が必要です。

 
FDは初期型DURA-ACE

 
RDは同じくDURA-ACE 7200EX

 
つづいてペダルは三ヶ島のプライムシルバンロード

 
トークリップはクリストフ、自作の革付き、トーストラップは三ヶ島のビンテージ、昔はカラフルな色がありました。昔は良かった!?

 
 
それぞれクランクに取り付けて完了。

 
 
リアのブレーキ周り。サドルバックサポータを外しています。グランコンペNGC450。

 
 
フロントブレーキ周り。フロントキャリアを付けたため純正のアーチボルトは長さが足りず断念しました。

 
試行錯誤の末、昨夜完成しました。

 
 
そして今日、雨の予報が朝から良いお天気だったので花見も兼ねて試走に行って来ました。

 
 
城北運河沿いを走り大川に出ると満開のサクラが出迎えてくれました。

 
 
大川もたくさんの花見客や露店が出てとてもにぎやかでした。

 
 
川崎橋。川も花見の遊覧船や水上バスでにぎわっています。

 
 
今日は走っていると汗ばむ陽気、サクラも今日明日がピークかもしれません。

 
 
大阪城のサクラも今が見ごろでしょう!!


 
 
今日明日は風も強く吹くみたいなのでせっかくのサクラが散ってしまうかもしれません。
足元も散ったサクラの花びらでいっぱいでした。

 
 
 
トークリップも前のガードにぎりぎり干渉しないしいい感じです。

 
 
 
フレームサイズもピッタリで乗り心地もまずまず、変速機能に少し問題がありましたがその辺はこれからゆっくり煮詰めて行きたいと思っています。

 このスポルティーフでまたいろんな所に出かけてみたいと思います。  
 ZUNOWも直す方向で 考えて行くつもりですがいつになることやら・・・?
と言う事で春爛漫のデビューとなりました。
以上スポルティーフ完成と試走花見ポタでした。
                                                                                                
 
 
 
 
 
 

楽しい出来事の続き

さて続きです。ガードのクリアランスの調整が何とか納得のいく具合になったので 次は
BBをZUNOWから移植。

 
タンゲのカートリッジBB装着完了!1ミリのスペーサーを噛ましました。
デュラのフロントメカを仮止め。

 
チェーンホイールは以前にブログでアルマイトを剥したTAのスリーアームを取り付けました。

 
次はブレーキ、センタープルのヨシガイのNGC450。最近復刻版が手の出せない高い値段で発売されています。(以前にこのブログで紹介しました。)

 
、レバーもグランコンペと行きたいところですが持っていないので手持ちの古いデュラエースのレバーを使います。パッドも古いわりには奇跡的に状態は問題なし、アーマオールで手入れしていたおかげでしょうか?

 
そのデュラエースのレバーのアウターカップをアジャスト式に改造、と言ってもグランコンペ GC202.204QC用ワイヤーアジャスターボルト に入れ替えただけ。

 
           これと交換、イトーサイクルで手に入れました。
       

アウターカップの根元の径がデュラエースの物とピッタリだったので入れてみると以外にシックリ来ました。(個人的見解ですが・・・)

 
話が前後しますがこれもシクロジャンブルで手に入れてストックしていた藤田製の革バーテープをNITTOユニバーシアード104に巻きました。

 
こんな感じに仕上がりました。

今日はここまで、次回に続きます。(小出しでスミマセン)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

FC2kanbi

Author:FC2kanbi
のんびり景色を見ながら走るのが好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR