FC2ブログ

カマンベールチーズの燻製味噌漬け

前回の燻製ネタで紹介したカマンベールチーズの味噌漬けを自分で作ってみました。
せっかく作るのだからちょっと一手間加えてみました。
単にお味噌に漬けるだけでいいのですが、その漬け込むお味噌をスモークチップで燻して
燻製味噌にしてから漬け込むことにしました。
燻製味噌を作るついでに前から作ろうと思っていた燻製醤油も一緒に作ります。
 
 
先ずはスモーカーにアルミホイルを敷きその上にスモークチップ(サクラ)を一握り。

 
 
下段の網にはステンレスバット底一面にお醤油を入れます。

 
 
 
続いて上段の網にはアルミホイルにお味噌を薄くのばして載せます。

 
 
あとは蓋をして煙が出始めてから10~15分燻します。

 
火を止めてから、しばらくそのままにして置きます。燻煙をしみこませます。
燻製味噌の出来上がり。冷めてから冷蔵庫で一晩寝かせます。(熟成させる)

 
 
 
醤油も見た目は変りませんが、なめて見ると明らかに燻した香りが広がります。
コレも器に移して冷蔵庫で一晩熟成させます。

 
 
いよいよ本題です、一晩熟成させた燻製味噌にカマンベールチーズを漬け込みます。
用意するのはどこにでも売っているカマンベールチーズ。
燻製味噌は漬ける前に混ぜて置きます。

 
 
 
 
カマンベールチーズを8等分にしてお味噌が入る隙間を作るためにひとつ抜きます。

 
 
 
 
 
次にチーズが入っていた器をサッと洗い、そこに燻製味噌とチーズを入れて行きます。

 
 
 
チーズを囲むように燻製味噌を漬けて出来上がり。

 
 
 
 
あとはラップをかけて日付けを書いて冷蔵庫で寝かせます。
さて何日漬け込むのかまだ初めてなので1日ずつ味見をしながらベストな漬け込み時間を楽しみながら探って行きたいと思います。燻製醤油の使い道も後ほどレポートしたいと思います。
と言う事で本日のSMOKEでした。

 
 

奈良 明日香サイクリング

シルバーウイーク後半の22日、ブログでもお世話になっているスミだんなさん主宰の9月の輪音RUNにゲスト参加してきました。
第一集合場所の大和川沿いの柏原市役所に車をデポ、自走組み6人+デポ組(私)7人で輪行組が待つ奈良の樫原神宮前駅を目指し大和川を遡り、途中、河合町大輪田の沈下橋(潜水橋)を渡り大和川左岸へ。
 
沈下橋を渡る輪音主宰&コースリーダーのスミだんなさん、その前は地元の車か?この車幅ギリギリの橋を平気で渡って行きました。

 
 
    
奈良県に入り飛鳥川を溯上、樫原市に入り樫原神宮を通り。

 
 
 
2時間弱で樫原神宮前駅到着、ここで輪行組6名と合流、総勢13名で明日香を目指します。(画像はスミだんなさんにお借りしました。)

 
 
明日香村と言えば石舞台、稲渕の棚田が有名ですがこの輪音RUNは人があまり来ない裏明日香的な所を巡るのがコンセプトと言う事で最初に訪れたのが岩屋山古墳。

 
 
                      
                       石室の入り口

      
 
          ひょっとしたら石舞台より貴重な古墳かも知れないそうです。

 
 
 
 
続いて、一人では絶対行かないような山の中にある牽牛子塚古墳。(けんごしずか)

 
 
 
 
石室の入り口はまだ工事中のため柵で塞がれていました。

 
 
 
説明によると
「斉明天皇とその娘・間人皇女が合葬されたお墓と考えられる『牽牛子塚(けんごしづか)古墳』。巨大な凝灰岩をくり抜いて作った石槨の中央に仕切りが設けられ、最初から合葬できるよう設計されていた珍しいものです。」だそうです。
中を覗いてみると石室が2つに分かれていました。こんな岩をどういう風にしてくり抜いたのでしょう??それが気になりました。

 
 
 
 
       
 
 
 
        さらに真弓丘陵と呼ばれている所まで走り、マルコ山古墳。


 
 
 
 
 
 
小高い丘になっているこの古墳で昼食、周りは彼岸花が咲くのどかな里山の風景が広がるとても景色の良いところでした。

 

 
       
 
 
 
       昼食後はさらに里山の風景が美しい佐田丘陵を走り、
                棚田と彼岸花に癒されます。

 
         
 
 
 
          彼岸花が咲きほこるこの時期だけの風景です。

 
         
 
 
 
         途中、近鉄吉野線、市尾駅で水分補給と休憩をして、
                下り基調の道で土佐街道を通り。

 
             
 
 
 
              樫原神宮前駅到着、ここで輪行組とお別れ。

 
 
 
 
 
自走組(私含む)は時間があったのでこのあと女性陣のリクエスト?で本薬師寺跡のホテイアオイを見に行くことに!!
満開では無かったものの十分見応えがありました。

 
 

 
 
    
 
 
 
    ホテイアオイの花を実際に見るのがはじめての私にはとても感動的な風景でした。

 
 
 
 
これ目当ての観光客も時間的にピークを過ぎていたので少なかったように思います。

 
 
 
 
              彼岸花も負けずに咲いていました。

 
 
 
 
 
 
     輪行組さん達があとでこれを見たら悔しがるのではないでしょうか?

 
 
 
 
 
 
このあと同じ方(女性)が2回のパンクのハプニングもありましたが(輪行組の呪い??)
快適に走ってデポ地の柏原市役所で自走組のスミだんなさん達と別れてお開きとなりました参加の皆さんお疲れ様でした。スミだんなさんお世話になりました。
以上、明日香サイクリングでした。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

大阪市内 レトロビルヂング ポタ Part2

 
すっかり秋の気配が濃厚で今年の夏は残暑が無かったような・・・?
シルバーウイーク初日、天気も良いので張り切って早起きして嵐山まで走るつもりが
仕事の疲れか、寝過ごしてしまい、大阪市内をポタリングすることに!!

 
 
いつもの淀川CRを今日は下って毛馬の閘門。

 
 
 
この辺で古い建造物と言えば旧毛馬の閘門、お気に入りの場所です。

 
そこから水上バスが運航する大川を走って。

 
 
 
大阪城、大川もそうでしたが、いたるところで彼岸花が綺麗です。旬?デス。

 
 
こんな所にも咲いています。この向う側はお堀です。

 
 
 
堂島川と合流して中ノ島中央公会堂。

 
 
 
中ノ島中央公会堂の周りでは”御堂筋サイクルピクニックと言うイベントが開催されていて
とても賑やかでした。

 
 
 
このお方も世界中を旅して、また中ノ島に帰って来ていました。”ラバーダック”10月12日
までいてはるそうです。

 
 
 
中央公会堂横の大阪府立中ノ島図書館。

 
そこから堺筋を南下、高麗橋、野村ビルヂング。一階はカフェになっています。
何度か入りましたがビルの雰囲気を壊さずとても落ち着きます。

 
脇道に入って 緒方洪庵が江戸に派遣される前に17年居住していたお屋敷。(適塾)

 

 
旧大阪教育生命保険(明治45年完成)

 
 
そのお隣の日本基督教団浪花教会。

 
 
レトロな近代建築物が続きます。伏見ビルヂング。旧名澤野ビル大正12年完成。

 
 
生駒ビルヂング。昭和5年竣工。

 
その並びの蔦がからまる青山ビル。有形文化財、旧名 野田家住宅、大正10年完成

 
 
綿業会館(重要文化財)昭和6年完成。

 
 
 
続いて芝川ビルヂング。昭和2年竣工。今はカフェやベトナム料理、眼鏡屋さんなどが入っていました。

玄関もレトロな雰囲気であふれています。

 
 
続いて御堂筋に出て大阪ガスビル。昭和8年竣工。まるでアントニオガウディを模したかの様な形です。

 
 
大阪倶楽部。大正13年竣工。1階はレストランになっています。会員制の社交倶楽部。

 
 
 
三井住友銀行大阪本店。昭和5年完成。でかすぎて全体が撮れませんでした。

 
日本基督教団大阪教会。レンガ造りの教会、大正11年竣工。

 
船町ビルヂング。昭和12年竣工。ビルとビルの間に窮屈そうに建っていました。

 
 
 
この他にもカフェやレストランやお店になっているレトロなビルがたくさんありました。
大阪倶楽部の筋向かいに有ったレストラン。

 
 
スキー用品店。

 
家具屋さん。

 
ユニオンジャックの国旗がひるがえるカフェ。

と言う事で大阪市内をウロチョロしてきました。帰りはイトーサイクルに寄り道して帰ってきました。以上連休初日のポタでした。

オマケ、家の近くの彼岸花。

 
 
 
 
 

伏見サイクリング

9月12日の話になりますが、久々の秋晴れの下、またも、お散歩コースの延長で京都の伏見まで走ってきました。いつもの淀川CR、空にはウロコ雲、もうすっかり秋の装いです。
(寝屋川新橋付近)

 
 
 
              コスモスもチラホラ咲いていました。

 
 
 
        いつものように御幸橋まで走りそこから宇治川を遡ります。
       宇治川にかかる京阪の赤い鉄橋を超え(京阪宇治川橋梁)

 
 
そこから淀大橋を経て宇治川堤防をさらに遡り、対岸には京都競馬場、今日はレースが無いらしくとても静かでした。

 
 
 
   しばらく走って観月橋を渡り、伏見の街に入りました。京橋から見る宇治川派流。
   枝垂れ柳が良く似合います。

 
 
             名物の十石舟が運良く通ってきました。

 
 
 
         伏見と言えば酒蔵の街(酒蔵の印、杉玉)酒蔵を巡ります。

 
                    月桂冠大倉酒造。宇治川派流沿い裏手

 
        
 
      大倉酒造表通り。おけいはんには残念ながら会えませんでした。(笑)

 
 
               黄桜酒造。(かっぱ黄桜)

 
 
この古そうなお家の表札は大倉となっていました大倉酒造の社長の邸宅?でしょうか?

 
    少し走って高瀬川沿いの松本酒造、歴史を感じさせる佇まいに癒されます。

 

 
 
       伏見に行けばここも外せません、龍馬伝説の寺田屋。

 
 
 
 
            この日も外国人観光客で賑わっていました。

 
 
           松本酒造近くの大手橋から見る琵琶湖疎水

          
               京都らしい大手橋の欄干

 
 
これからは自転車で走る最高の季節、是非週末だけは晴れてもらいたい物です!
と言う事で本日のRide、伏見サイクリングでした。(走行距離86キロ)

 

初物好き番外偏

めっきり涼しくなって来た今日この頃、燻製の下ごしらえの調味料を仕入れに輸入食品雑貨店を覗いていたら、こんな物を発見!!
”カマンベールチーズの味噌漬け”
入れ物ごとお味噌に漬かっています。さてどんなお味でしょう??

 
 
ひとつ取り出してみるとこんな感じ!!良く漬かっていそうです!!!

 
 
さらに切ってみるとこんな感じ!!!想像はつくと思いますが、ビールにもワインにも日本酒にも合いそうで、とても美味しく新鮮な(初めて味わう)味でした!!

 
 
説明書に「お味噌は捨てずにスティックサラダでご賞味下さい」と書いてあったので言うとおりにしてみました。一石二鳥!!肴にはモッテコイです!!

 
 
ビールも通勤電車の広告で気になっていたコンビニ限定のこの二本
(GRAND KIRIN &十六夜の月)で美味しくいただきました!!!
今度はこのカマンベールの味噌漬けを燻製にしてみようと思っています。

以上本日の美酒と珍味でした。
 
 
 

万灯呂山サイクリング

秋の気配がする9月最初の土曜日、お散歩コースの延長で京都府井手町の万灯呂山まで走って来ました。淀川CRの堤防のサルスベリの花も今週が見納めでしょうか?

 
 
淀川CRを走っていると河川敷にも秋の気配が・・・!??
キノコが何かを囲むように生えていました。
自転車を置くと丁度いいサイズ!?キノコのミステリーサークル??
(寝屋川新橋と枚方大橋の中間地点)

 
はたして何と言うキノコなのでしょう???

 
そこから、いつものお散歩コースをさらに走り枚方大橋。

 
 
御幸橋を経て木津川CRへ。

 
先々週も来た流れ橋。
 

 
 
今日はさらに木津川CRを遡り山城大橋、この橋を渡って対岸の山の上まで登ります。

 
 
JR多賀駅の横を通り龍王瀧道から登っていきます。

 
 
山城多賀フルーツラインと言うハイキングコースをさらに上ります。

 
 
 
万灯呂山への分伎どちらからでも行けるのですがこの日は700Cの事もあり左はダートなので右の舗装路を選択。左は少し行くと龍王の滝が有ります。MTBで何度も来ているのでこの日はパス。

 
 
”つくつくぼうし”のセミ時雨を聞きながら徐々に標高を上げて行きます、風の温度が先々週とは確実に違い木陰で休憩すると快適な涼しさで秋を感じさせます。

 
 
しばらく登って展望台手前のお不動さんにこの日の安全を祈願。

 
 
大峰山、万灯呂(まんどろ)山展望台に到着。


 
 
 
坂を登ったご褒美が待っていました。

 
眼下には大パノラマが広がります。(パノラマ撮影)

 
 
先程渡ってきた山城大橋も見えています。

 
 
この後ろの東屋で昼食。私のほかは鷹狙いのカメラマンが二人、今日は鷹が撮れなかったと私が昼食中に退散。

 
 
いつ来ても知られていないのか、人が少なく、おかげでこの景色を独り占めする事となりました。!!

 
しばらく景色を堪能したあとは涼しい4キロのダウンヒル!!

 
 
 
この後は木津川CR、淀川CRを引き返し途中、八幡のスーパーで水分補給していつもの
安居橋(あんご)で休憩して帰途に着きました。走行距離は久々の100キロ越え、
以上万灯呂山サイクリングでした。

 
プロフィール

FC2kanbi

Author:FC2kanbi
のんびり景色を見ながら走るのが好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR