FC2ブログ

26HEランドナーの試走

はれて先週金曜日に完成した26HEランドナーの試走を兼ねて、いつものお散歩コース
淀川CRを京都府八幡市まで走ってきました。
気温は10℃走るには最適な温度かも?

 
 
 
枚方市に入って落ち葉がCR一面に落ちている所。今日もたくさんのサイクリストが行きかっていました。

 
 
 
 
変速機の調子や乗り心地を見ながらしばらく走って八幡市の御幸橋に到着。

 
 
 
この時期、八幡市に来ればここに寄らない訳にはいきません、善法律寺(通称紅葉寺)

 
 
地元の人の話では今年のここの紅葉はもうひとつだと言うことでした。やはりここも先週行った箕面と一緒で紅葉の度合いがイマイチデした。今年は夏が短かったせいでしょうか?

 

 
 
葉が色づかないまま散っていました。
去年は真っ赤な絨毯の様でしたが今年は足元も寂しい感じでした。

 
 
このあとお気に入りの放生川(ほうじょう)にかかる安居橋(あんごばし)で休憩。

 
 
 
 
乗り心地も上々クロモリ特有の撓りも満足のいくものでした。(自己満足です)m(_ _)m
ただフロントトリプルは私には必要ないかもしれません、ダブルで十分かも?

 
 
もうひとつ今日の試走の目的はこのフレームの企画に携わった枚方市樟葉の今はもう閉店してしまったサイクルセンタータケウチさんの主に、この自転車を見せるとともに色々お話を聞きたかった事もあって出かけて来たのでした。
お店があった所を訪ねると貸し店舗となっていますが看板は残っていました。
なんか寂しい・・・ 
 
 
 
でもタケウチさんのお弟子さんがこの近くでお店をオープンされていると言う情報を知り
ボンボヤージュバイクスと言うお店を訪ねてみました。
主には用事が有って会えませんでしたがお弟子さんが電話をしてくれて色々お話を聞く事が出来ました。

 
オマケにこんなものまでセール中の箱の中にころがっていました。最新のクロスバイクや
ロードバイクのセール品の中にKASHIMA PROFESSIONALサドル デッドストック!?
何かご縁があるのか、私が来るのを待っていたのかも知れません??

 

今度はこのフレームを作ったビルダーさん(山伏工房)にも会いに行こうと思っています。
と言う事でVendredi26HEランドナー試走の巻でした。
 
 
 
 
 
 
 
 

クラブランとシクロジャンブル

連休2日目は毎週末の悪天候で順延になっていた夕凪CCクラブラン『大和高原で笠蕎麦を味わう』サイクリングに参加して来ました。
近鉄大阪線鶴橋駅に集合、輪行で急行に乗車、1時間ほどで奈良県宇陀市の三本松駅に到着、それぞれ自転車を組み立て、軽いオリエンテーションのあと総勢10名で出発。

 
 
 
駅を出発していきなり急な坂を登りこの景色。高原を走っている証拠?

 
さらに登って名も無き切と通しの峠を越え。

 
 
アップダウンを繰り返し、登りは汗をかいたり、クダリは冷えたりで服装の調整が大変でした。

 
昼食の食料調達のため、この辺に一軒しかないコンビニを探します。

 
 
 
コンビニで食料調達後は三稜墓古墳群史跡公園と言う所で昼食。

 
 
昼食後はのどかな田園風景の中を走ったり。

 
 
国道を避け裏街道を走ったり。

 
 
途中にあった磐円冷水という湧き水で喉を潤し。

 
 
休憩後はまた笠山荒神さん目指して坂を登ります。

 

 
坂を登りきったところで本日のメイン「笠蕎麦処、荒神の里」に到着。

 
 
今の時期は新蕎麦の季節で到着した時は行列が出来ていて、しばらく並びました。
色々メニューはありましたが、私は大根おろしと椎茸が入った”荒神蕎麦”を頂きました。
食べ方は、おつゆをお蕎麦にかけていただきます。

 
食後は笠山荒神さんにお参りし安全祈願。

 

 
参拝後は長いダウンヒルで夕暮れの近鉄櫻井駅で輪行解散となりました。


 
 
日にちは変って3連休最終日、天気予報は雨だったのですが夕方までもちそうなのでシクロジャンブルに行って来ました。
場所はいつもの服部緑地公園民家集落広場。
給料日前と言うのに朝早くからこの人出、毎回人が多くなっている気がします。

 
 
遠路はるばる長野からお越しの「浅麓堂」N氏のお店

 
岐阜の「ヴェロドゥレーヴェ」TN氏のお店

 
京都 Is’Bicycleさんのお店

 
 
ナニワ銀輪堂さんのお店

 
 
私がシクロジャンブルに来ると必ず寄るお店でALPSがセールに出ていました。
オーバーホールの苦労話を店長さんに聞かせていただきました。

 
 
お楽しみの会場に来ている拘りの自転車達。
色鮮やかなIRIBEスポルティーフ

 
 
 
おなじみブログ「うっとこの自転車」daisukeさんのエクタープロトンランドナー

 
 
 
珍しいZUNOWのキャンピング車。フル装備でした。

 
絶対1台は見かけるALPS。

 
 
こちらもALPS。

 
 
そして2日前にシェイクダウンした私のVendredi26HEランドナーでした。

いろんな方とお話が出来てホント雨で流れなくて良かったと思います。
以上、クラブランとシクロジャンブルの巻でした。
 

箕面川ダムの紅葉&26HEランドナー完成

三連休初日、箕面川治水ダムの紅葉を見に勝尾寺まで登ってきました。
天気は明日まで良い見たいですがシクロジャンブルが開催される
23日は雨の予報で心配ですが・・・!
家を出てすぐの無料になった淀川の城北ー菅原大橋(通称100円橋)を渡ります。
橋のむこうに霞む山の上まで走ります。

 
 
 
橋の下の風景。

 
吹田市の万博公園外周道路に到着。  ここの紅葉は既に終わっていました。

 
 
 
阪大病院を過ぎR171 を超え定点撮影、右の架橋は大阪モノレール。
この府道4号を左に曲がると徐々に勾配が増していきます。勝尾寺まで約6キロの登り

 
 
 
 
新しい道路のICが出来ていました。
勝尾寺まで4キロ地点。

 
 
しばらく登って明治の森 箕面(みのお)国定公園の看板。

 
 
徐々に標高を上げて行きます。紅葉がチラホラ周りの木々も色づいています。

 
 
 
燃えるような紅葉とまでは行きませんが紅葉したところがあちらこちらに現れます。
今年は涼しくなるのが早かったせいか去年より紅葉が少ないような気がします。
写真を撮っていると一人のローディが通過。

 
 
 
そして勝尾寺に到着。やはり昨年より紅の色が薄いような・・・?
この坂を登ってきました。

 
 
 
おきまりの場所で写真撮影、字が彫ってあるところに勝尾寺名物のだるまさんのおみくじが置いてありました。

 
 
 
今日ここまで来た目的は紅葉鑑賞ともうひとつ、今年めでたく高校に入学した娘の合格祈願のお守りのお礼参りに来るためでした。

 
 
 
長い参道の階段を登り本堂にお礼を言ってお守りを返納してきました。

 
 
 
 
残念ですが境内の紅葉も去年ほどではありませんでした。

 
 
勝尾寺を後にして少し下って箕面川治水ダムに到着。

 
 
 
お気に入りの場所に向かいます。

 
 
 
 
 
こんなところから入っていきます。今日のタイヤのトレッドパターンではパンクしかねないので押し歩きです。

 
 
 
 
お気に入りの場所に到着。いつ来ても人も少なく絶景が望めます。
ここで早めの昼食を済ませコーヒーを淹れてしばし景色に見とれます。
(写真を撮り忘れました。)

 
 

 
 
 
2年前はここでサルに囲まれましたが今日はサルを一匹も見ませんでした。
 

 
 
ここの紅葉も来週アタリで見納めでしょうか?(風が結構あり葉が散っていました。)

 
 
 
このあとは箕面の大滝方面に行きたい所ですがこの時期自転車も車も登り一方通行で人も多く、新しく組んだランドナーのシェイクダウンの事もあり、勝尾寺までまた登り、来た道を下って帰途に着きました。

 
帰りに通った話題のEXPOCITY、ここも人でいっぱいでした。

 
 
 
 
そして帰って来て、新しく組んだ26HEランドナーのシェイクダウン。
めでたく昨日完成いたしました。

 
 
 
 
 
フレーム山伏工房Vendredi 石渡019ダブルバテッドCrMo 530mmHE
オリジナルキャリア前後。
ヘッドセットTANGE LEVIN、ブレーキMAFACクリテリウムKOOLSTOPシュー交換、
本所MAVIC型ガードH29-26HEN

 
 
 
 
ハンドルバーNITTOランドナー132、ヨシガイグランコンぺステム、同DC139ギドネットレバー、同DCバーレスト、VIVAコットンバーテープ。LEDライト(キムラ製作所LH-08A)

 
 
クランクはTA(165mm)シクロツーリスト45X36X27初のトリプル
FDはサンプレLJ1000、RDはサンプレSLJ6600、WレバーカンパVICTORY、リムARAYA
RM-17、ハブENECYCLOツーリング36h、ボスフリーENECYCLO 7S
ペダル三ヶ島プライムシルバンロード、同ジュラルミントークリップ自作皮付き。
同皮ストラップ。

 
 
サドルBROOKSプロフェッショナル、シートピラーSAKAE LAPRADE,、シートピンカンパ。

 
 
 
テールライトCATEYE  NIMA, リフレクターヤフオク手作り製アルミ削りだし。

 
手持ちの部品で組み上げたのでツッコミもあろうと思いますが??この自転車でまた、
いろんな所に出かけたいと思います。
以上、箕面川ダムの紅葉&26HEランドナー完成の巻でした。
 

おつまみ燻製

久々の燻製ネタ、おつまみ燻製を作ってみました。
今回は玉子をお味噌で漬けた物とミックスナッツを昨夜中華鍋で燻しました。
Before

After

 
一晩寝かせて今夜の晩酌のおつまみになりました。
ミックスナッツの燻製(マカダミアナッツ、クルミ、カシューナッツ、アーモンド)

そして究極の半熟度に仕上がった味噌漬け玉子の燻製

今夜もYEBISUで美味しく頂きましたぁ~!!うんめぇ~!!
以上おつまみ燻製でしたぁ!!!

 
 
 

やっちゃいました!

今組み上げ中のランドナーをギドネットレバー仕様にしたのですが、ある問題が浮上、
何も考えずにギドネットレバーを付け、バーテープを巻いてしまったためにフロントバッグの皮ベルトがレバーと干渉、皮ベルトを付けられない状態に・・・!!
なのでテールライトを付けた時にあまっていたアルミの板でこんな物を造りました。
ステムの突き出し代を測ってアルミの板をこんな形に曲げます。

 
 
 
長さをフロントバッグの幅に合わせて切断、取り付け用の孔を開け(ステム用とバッグ用)

 
前から見たところ。

 
私が使用しているオーストリッチのF-104はニットーのZAOU フロントバッグサポーターに対応しているため予め取り付け用の孔が開いています。
その孔のピッチにあわせアルミの板にも孔を開け、バッグ側に取り付ける補強板も余ったアルミの板を使い同じピッチで孔を開けました。

 
 
ステムに取り付けます。

 
 
フロントバッグを付けるとこんな感じ。

 
内側はこんな感じ。

 
 
このサポーターは輪行しないのを前提に造りました。(取り外しに時間がかかる)
ソロで行く時は時間を気にしなくて良いのでこのままで行くかもしれません。
結構シッカリ付けることが出来ました。以上、フロントバッグを付けるための応急処置でした。

 

自転車いじり あれこれ

めでたく出所が判明したVendredi(バンドルディ)のフレーム
(ケルビムで6年修行をして独立された竹内氏のフレーム、
経緯はビルダー不明のフレームの記事のコメントを参照下さい。)
を雨の日の今日、組み付けしていた途中経過です。
仮止めしていた泥除けとハンドル周りを仕上げました。
泥除けは本所のH29-26HENマビック型を使用しました。                              
ヤフオクで2年前に手に入れた軽合のダルマネジをステンのホローセット(イモネジ)で固定。何度も付けはずしを繰り返し、泥除けの取り付けはいつも苦労します(汗)!

 
 
 
リアの泥除けもチェーンステイの幅が泥除けよりも狭いのでタガネでツブシを入れて装着。

 
あーでもないこーでもないとスペーサーを換えタイヤとのクリアランスを見ながら半ば妥協で何とか終了。

 
 

 
 
 
次はハンドル周り、リアブレーキワイヤーがトップチューブ内臓なのですが入り口が下に付いているため、STI レバーまたはアウター上出しでないブレーキレバー対応なのかもしれません。

 
 
なので期待を裏切って??ギドネットレバーを使うことにしました。
ワイヤーの取り回しはギドネットの場合窮屈になりますがこんな感じに仕上がりました。
Fブレーキはレバーとの距離が極端に短いのでディレイラー用のスプリングアウターにインナーチューブを入れて交差を避けてアウター受けとカップをTOEIのものに交換、Rブレーキのアウターはニッセンの透明なアウターケーブルを使い、ダイヤコンペ(ヨシガイ)のアジャストボルトを根元に取り付け微調整に対応出来るようにしました。(余計に窮屈??)

 
 
バーテープはVIVAの生成りコットンを選択、ギドネットレバーはダイヤコンペ、赤色だった取り付けボルト受け部分のアルマイトを剥して磨きました。

 
 
リムはARAYAのRM-17 HE規格のシルバーのリムは少なく、イトーサイクルさんの倉庫に一組眠っていたのを見つけてもらいました。ハトメはありませんがダブルウォールの良いリムだそうです。(イトーさん談)

 
ハブはヨシガイのENECYCLOツーリングラージハブ。お値段もリーズナブルでシールドベアリング仕様。

だんだん自転車になりつつありますが、まだまだ壁が立ちはだかってきそうです。
それも楽しみの一つですが頑張って今月中には組み上げたいと思います。
仕様はまた変更するかも知れません。以上本日の自転車いじり~の巻!!でした。
 
 
 
 
 

自光式テールライトの取り付け

生産中止になったらしいCATEYEのNIMAと言うテールライトを今製作中のランドナーの
リアバッグサポーター(キャリア)にアルミのステイを自作して直付けしました。

 
 
3ミリ厚、幅15ミリのアルミの板を半丸形状にヤスリで削りRをあわせ、M3ミリのタップを立てます。

 
 
 
次にキャリアに取り付け用のM5のバカ孔を開けアルミの板を直角に曲げます。
1回で決めないとアルミが折れてしまうので注意しながら曲げました。

 
 
 
 
次に適度な長さに切断してヤスリで面取り、形を整えVIVAの飾りナットとギザワッシャー(外刃ワッシャー)でリアキャリアに取り付けました。上から見たところ。

 
 
 
 
 
わずかですがキャリアの下から後方を照らすことが出来ます。

 

 
 
 
こんな感じでぼちぼちやっていこうと思っています。

旧福知山線廃線跡ハイキングウォーキング

 
31日、秋晴れの土曜日、ブログや輪音ランでお世話になっているス ミ だ ん な さんの案内で旧福知山線廃線跡を、娘と一緒に自転車では無くハイキング、ウォーキングして来ました。JR生瀬(なまぜ)駅から旧福知山線廃線跡を武庫川渓谷に沿ってJR武田尾駅まで歩くコース、紅葉には少し早かったのですが素晴らしい景色に癒されて来ました。

 
 
 
 
足元には廃線跡の証し枕木もシッカリ残っています。

 
 
 
おもむろにスミだんなさんが廃線路脇にあった配電箱を開けると、それは当時使われていた信号のスイッチと思われる物でした。普通誰もがそれと気づかずに通り過ぎるのですが、こんな小ネタ?披露がスミだんなさんのガイドの魅力だと思います!
この日はもうひとつ輪をかけて小ネタが隠れていました。良く見るとスイッチの間でヤモリさんがお昼寝中でした!!

 
 
 
 この線が架けられた年号でしょうか?1959-1の数字が刻まれていました。(柵の下の川に出っ張った部分)

 
 
 
 
 
出かける前にメールで懐中電灯は必携と言う訳が随所に現れるトンネル。

 
     
 
 
 
     もちろん廃線なので灯かりが付いているわけも無く中は真っ暗です。

 
 
 
SL(蒸気機関車)が走っていたのでトンネルの天井にススが付いています。

 
 
 
   トンネルの中から見える景色を歩いて見れるのも廃線跡の魅力でしょう!!

 
 
        トンネルもさることながら武庫川渓谷の景色も見逃せません。

 
 

 
 
 
素晴らしい景色を見ながら枕木の上を歩きます。

 
         スミだんなさん一押しのトンネル越しに見える鉄橋!!!
         この日は大勢のハイカーさんでも賑わっていました。

 
 
    私は鉄道ファンではないですが、この錆び付いた感じがなんとも言えませんでした。

 

 
 

 
 
この鉄橋を固定しているリベットについて熱く語るスミだんなさん、それに聞き入る娘です。

 
 
                 トンネルもたくさんくぐり。

 
 
ゴールのJR武田尾駅少し手前で武庫川渓谷の河原に下りて昼食、食後のコーヒーも
楽しみつつ。

 
 
 
         秋を満喫した廃線跡ハイキング、ウォーキングでした。

 
 
      スミだんなさん、専属ガイドお疲れ様でした。ありがとうございました。
      娘も良い思い出になったと思います。
      またサクラの咲く頃に訪れて見たいです。

 
 
プロフィール

FC2kanbi

Author:FC2kanbi
のんびり景色を見ながら走るのが好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR