FC2ブログ

シクロジャンブルに行って来ました。

5月29日(日)春のシクロジャンブルに行って来ました。
場所はいつもの服部緑地公園
朝早くから大勢の人で賑わっていました。
一応AM10時からなのですが、掘り出し物を狙って朝早くから来ている人が多い見たいです。





ナニワ銀輪堂さんのお店、店長のN元さんによると駐車場が混んでいて中々入れず、止むを得ず遠い駐車場に停めたので時間がかかったらしく開店は10時を過ぎていました。


ナニ銀さんのめだま商品ガードのオンパレードあと小物等も破格値で出品されていました。



毎回遠路はるばるお越しの浅麓堂さん。



その他岐阜のベロ ド レーベさんや
京都のアイズバイシクルさん等常連さんのお店等々、毎回出店数が増えている様な気がします。



今回私が注目したのはサンエクシードから出た完成車。
フレームの作りや塗装色もマニア好み(個人的に)なこの2台。
サンエクシードの部品をふんだんに使ったこのスペックで28万弱はお買い得だと思いました。
(私はこの値段でも手が出ませんが・・・(^^;;)




そして本日の戦利品。




会場に来ていた自転車もチェックしていたのですが、今PCが
壊れているので携帯からブログアップ、慣れていないのでこれにて終了です。
という事でシクロジャンブルに行って来ました。の巻でした。

輪音RUNに参加(疎水百選、小田井用水をたどる)

5月22日(日)ブログでもお世話になっているスミだんなさん主催の5月の輪音RUNに参加してきました。朝6時に自宅を出発、南海難波駅に6時半に到着、自転車をバラして輪行袋に入れ7時発の橋本行き急行に乗車。




難波駅までの道でパンクも想定していたので集合場所の橋本駅には早すぎる到着となりましたが、ゆっくり自転車も組めて、私と同じく早い目に到着のブログ友達のくろちゃんさんとコーヒーなどを飲みながら集合時間までゆとりができていました。
9時を過ぎるとぼちぼち参加者が集まり総勢11名。
その中には、昨日も一緒に流れ橋まで走ったIwさんや、嶺方峠をご一緒したKgさん、(Kgさんは21日に野麦峠から帰ったばかり)同じ夕凪CCのMtさんも参加それぞれ自転車を組み立てます。




スミだんなさんのメンバー紹介とコース説明の後、小田井用水探索RUNがスタート。
かるいアップダウンを繰り返し景色の良い紀ノ川沿いを走ります。
ガスがかかっていなければ山肌がもっと綺麗に見えるはずなのですがこの日は残念でした。





少し走って九度山に入り真田庵(善名称院)に到着。
ここは、真田昌幸、幸村親子が隠棲した屋敷として有名で今話題のNHK大河ドラマ「真田丸」の影響で観光客で賑わっていました。



なぜか古くは無い六文銭と家紋?が入った瓦が!!?



見学を終えて出発しようとしたら一足違いで団体客が到着!すいていた時に見れてラッキーでした。




        真田庵をあとにして輪音御一行は大和街道をたどり。




             ふたたび紀ノ川沿いを走り。



     
     かつらぎ町に入り、本日の御題?小田井用水「中谷川水門」に到着。
紀ノ川にほぼ平行して流れる用水路が中谷川と交差する地点に川の下に潜り込む形で作られた暗渠(あんきょ)サイフォン式を利用して水が川の下をくぐって反対側に流れていました。
おそらく、スミだんなさんがこの登録有形文化財でもある用水路に興味を持ったのはこの水門がフランス積みの煉瓦で造られていたからだと推測します。(笑)



        そこから再び大和街道を辿り「小庭川渡井」に到着。




今度は川の下では無く、用水路が川の上を渡る形で、これまた煉瓦造りの橋の上を流れていました。京都南禅寺の水路閣を思い浮かべてしまいました。




さらに走って小田井用水の中でも規模の大きい「龍之渡井」(たつのとい)を手前の高台から見下ろします。




この龍之渡井は橋の上を渡ることが出来ました。大正8年に修復されて現在の煉瓦造りの
橋になり、以前は木造だったそうです。




橋の上を用水路の水が勢いよく通っていました。



そこから国道24号線沿いの以前はコンビニだったであろう中華料理店で昼食、写真を撮り忘れましたがここの定食がボリュームあり過ぎで胃がもたれ、走るのが辛かったぐらい、
食べきれずにお持ち帰りの方も続出。
その後、強い向かい風の中何とか走って粉河寺に到着。


この粉河寺には今まで辿って来た小田井用水を建設した大畑才蔵という方の記念碑が建てられていました。


粉河寺を後にしてまた大和街道を走って本日最後の木積川渡井に到着、ゆっくり走っていても見落としてしまいそうな畑の中に在りました。


趣のある大和街道もさることながら、(一人だったら足を止めて写真を撮っていたであろう場所が何箇所もあった)
全長30キロにも及ぶ小田井用水、全部は見れなかったものの普段は気付きもしないこんな用水路にも歴史がある事に感銘を受けた輪音RUNでした。


そこからJR岩出駅まで走って輪行解散となりました。
参加の皆様お疲れ様でした。スミだんなさん<す>的なサイクリングありがとうございました。と言う事で「輪音RUNに参加(疎水百選、小田井用水をたどる)」の巻でした。


一味違ったお散歩コース

5月21日(土)夕凪CCリーダーIwさんといつものお散歩コース、京都府八幡市の流れ橋(上津屋橋)まで走ってきました。豊里大橋に9時に待ち合わせて、淀川CR、木津川CRと走って3月に復旧した流れ橋に到着。



この日は夏を思わせる汗ばむ陽気。そろそろ熱中症対策が必要な季節になってきました。いつものように流れ橋を往復します。



前の記事にも書きましたが最近は台風などの影響で川の水が増水して毎年のように流れていた流れ橋、総工費2億以上かけて補強工事が施され”流れにくい流れ橋”になっていました。




そこから、かつて宇治川の氾濫でできた巨大な小椋池(8万㎡)の跡がある一口(いもあらい)をIwさんに案内していただき。(写真がありませんスミマセン)
さらに帰りに伏見区の奈良街道沿いの江戸時代から創業の木田醤油というお醤油屋さんにたちより五代目の主とお話をし。




昔は向かいの納屋の前が宇治川だったそうで、その名残が納屋(浜納屋)の裏手に
残っていました。
階段の下に川が流れ三十石舟が行き来していたと言うことでした。


もちろん燻製の漬け込み用?にお醤油を買って帰りました。





いつも一人で走っているお散歩コースが今回 Iwさんと一緒に走ったおかげで一味違ったお散歩コースとなりました。帰りは珍しく追い風で待ち合わせ場所の豊里大橋まで快調に走ってお別れしました。Iwさんいろいろご案内いただきありがとうございました。
お疲れ様でした。ということで一味違ったお散歩コースの巻きでした。


おまけ、Iwさんとお別れしてイトーサイクルに立ち寄り。



サンプレックス用の互換性のあるRディレイラーのプーリーを買って帰りました。以上情報のおまけでした。




燻製おつまみ あれこれ

下ごしらえが終わった材料を燻製しました。
チキンレッグの燻製。





鶏もも肉の燻製。



ゆでピーナッツとミックスナッツの燻製。



追加でタマゴの燻製も完成‼




すべて中華鍋で熱燻しました。
これでビールはもちろんワインや日本酒、ウイスキーと何でも来いと言う事で燻製おつまみあれこれの巻きでした。

燻製下ごしらえ

5月11日(水)燻製の下ごしらえをしました。
鶏もも肉とチキンレッグの燻製を作る予定。
肉にフォークで穴をあけハーブと岩塩を擦り込み暫く寝かせてローリエを加えてジップロックに入れ空気を抜いて冷蔵庫で寝かせます。





もう一つ、最近ハマっている゛ゆでピーナッツ゛とミックスナッツを燻製にして見ようと思います。
ゆでピーナッツの食感は生落花生とほぼ同じ様な感じで個人的に気に入っています。
続く・・・‼


以上燻製下ごしらえの巻き
でした。

クラブランで天理から伊賀上野城

5月8日(日)
夕凪CCの5月のクラブランに参加して来ました。
朝7時35分に近鉄鶴橋駅に集合
大和西大寺駅で乗り換えて天理駅に到着。



参加は総勢12名、それぞれ自転車を組み立てて、IWリーダーのコース説明の後、桜峠に向けて登って行きます。



岩屋の集落を抜け眩しい新緑の中を走ります。



名阪国道を横目に暫く登って福住への分岐、ここで道を間違えかけたのですがkgさんのナビのおかげで難なく修正。
桜峠に到着。



小休止のあと古代氷室などを見学。



そこから名阪国道と並行して走り
針テラスで昼食。
食後は山添村からいくつかのアップダウンを繰り返して五月橋。
月ヶ瀬湖を見下ろす昭和2年に出来た古い趣きのある鉄橋を渡り(国道25の標識が鉄橋の両脇に!)





この月ヶ瀬湖沿いを走っていたら珍しい竹の花を発見!
60年に一度しかさかないらしい。
一生に一度見れるか見れないか?と言うくらい珍しく、花が咲いた竹はその後枯れてしまうらしい。



さらに走って伊賀市に入り、七本木あたりで休憩して、伊賀市の見晴らしの良い田園風景の中をはしり。



ゴールの伊賀上野城に到着。




皆んなで城の周りを散策して近鉄組とJR組に別れて、輪行流れ解散となりました。以上、クラブランで天理から伊賀上野城の巻でした。

続・GWはおとなしく‼

GW最終日、天気が良いのでまたいつものお散歩コースの延長で淀川CRを経て桂川CRで嵐山、嵯峨野、化野念仏寺を通って六丁峠まで登って帰って来ました。

淀川CRを走って御幸橋。
この日は沢山のサイクリストで賑やかでした。




御幸橋から桂川CRに入り嵐山手前の松尾大社にこの日の安全を祈願。




そこから少し走って嵐山に到着、渡月橋周辺は外国人観光客でごった返し、またもや写真を撮る気にはなれず、そそくさと嵯峨野へ向かい祇王寺。ここ嵯峨野一帯はこのランドナーが出来た時(40年前)に京都までサイクリングに来た思い出の地。




40年前の同じ場所で同じランドナー、やはりクロモリのフレームは一生物‼



話しがそれましたが、そこから古い町並みが残る嵯峨野の道を辿り。



化野念仏寺。(あだしのねんぶつじ)




さらに走って愛宕神社「一の鳥居」




ここから六丁峠へのアプローチ
新緑の中を登って行きます。



暫く登って六丁峠に到着。


この切り通しの六丁峠は愛宕神社一の鳥居から六丁の距離にある事からこの名前がついたそうです。(六丁峠の標識が逆光で見えて無い。)



時間も押していたのでそこから少し下って清滝道を通って嵐山に戻り帰途に着きました。
本日の走行107キロ。以上続・GWはおとなしく‼の巻でした。


GWはおとなしく‼

先週、長年の夢だった信州嶺方峠に行かせてもらったのでGWはおとなしく、近場をうろちょろしていました。午後から予報では雨と言う事で、午前中にいつものお散歩コースをひとっ走り。
淀川CRを遡上



この日は(3日)700Cスポルティーフで出動。



京都府八幡市の御幸橋まで走り。


石清水八幡宮横の安居橋で休憩。



帰りは橋本宿を通って本日の走行55キロ




オマケ、mont.bellから発売されているボトルカバー!サイズも色々、私が使っているクリーンキャンティーンの0.8リットルのステンレスボトルにもピッタリ。



もちろんビンテージボトルにもサイズがピッタリなのもあります。




ニットーのボトルケージにもいい感じで収まります。(個人的に)


色もこの黒の他、赤、青、黄緑、オレンジ、がありフレームに合わせてはいかがでしょう⁉
以上、GWはおとなしく+オマケの巻でした。
プロフィール

FC2kanbi

Author:FC2kanbi
のんびり景色を見ながら走るのが好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR