FC2ブログ

幻の大仏鉄道探索RUN

6月26日(日)ブログでお世話になっているスミだんなさん主催の6月の輪音RUN、今から100年以上前に現在のJR加茂駅から奈良駅間(約10キロ)を結んでいて、わずか9年間で姿を消した「大仏鉄道」の遺構を自転車でめぐるプランに参加してきました。


スミだんなさんは自宅から自走という事で先週と同じ柏原市役所で待ち合わせ私はここに車をデポして合流。





JR奈良駅まではここから35キロ弱、集合時間の9時半に間に合うように自走組み3人でJR奈良駅を目指します。
朝は曇りがちだったので気温も低く快適に走れました。



JR奈良駅に到着。参加者は総勢9名。コース説明と点呼を取って出発。



先ずは佐保川の川底にある煉瓦の橋脚跡を見学。




川底に在るのでごく最近まで発見されなかったそうです。



続いて大仏鉄道記念公園 奈良市と地元自治会の協力で平成4年に大仏鉄道跡地に造られた公園。


大仏鉄道唯一のトンネル、黒髪山トンネル跡。(今は県道)新しい遺構めぐりマップが随所に設置してありました。



舗装路から脇道に入って美しい里山風景の中を走ります。







手前で自転車を止めてあぜ道を歩いて「鹿川隋道」かつて大仏鉄道がこの上を走っていたそうです。


農業用水路の目的で現在も使用されています。



県道に戻って「バベルの塔」??ではなくて木津川配水所。大仏鉄道とは何の関係もありませんでしたが建物の形に皆さん食いつく!!!(笑)




本題に戻って大仏鉄道を運営していた関西鉄道の社章のモニュメント



そこから下の農道に降りて松谷川隋道。



続いて赤橋。煉瓦造りの橋台。上は現役の生活道路。



続いてスミだんなさん一押しの梶ヶ谷隋道。


下部は石積み、アーチ部は煉瓦積造りの隋道。






鹿背山橋台(かせやま)。石積みの橋台で 遺構の中でも人気のスポットだそうです。  お気に入りのアングルを探すスミだんなさん!?



観音寺橋台(手前)。これも石積みの橋台、奥は現役の関西本線の橋台



ちょうど関西本線が通りました。



絵になるスミだんなさんのケルビム!!


このあとコンビニで食料調達、鹿背山不動尊で昼食。
そこからJR加茂駅に向かって走り。



関西本線を走っていたSL C57を見学。



そしてJR加茂駅のランプ小屋を見学して大仏鉄道遺構めぐりランが終了。


建物財産表示には明治30年10月とありました。



そこから奈良坂を登って「豆比古神社」の天然記念物 樟の巨樹を見学。



トトロが出てきそう!!大迫力でした。



午後になって気温も上がり植村牧場でソフトクリームタイム!


写真を撮る前に食べてしまったので植村牧場の中庭に有ったソフトクリーム??





JR奈良駅に戻るついでにスミだんなさんの煉瓦布教活動!?

奈良少年刑務所



煉瓦造りの???


布教活動?も終えてJR奈良駅に戻って自走組、輪行組に別れて解散となりました。


自走組は人数が増えて帰りは6名(1人は王寺駅から輪行)で斑鳩の里を巡りながらのおいしいオマケ付き!
法輪寺。


法隆寺周辺の「ええ道」を通って。



スミだんなさんおススメの大田酒造謹製、生姜の奈良漬けをおみやげに買って帰りました。



スミだんなさんお世話になりました。有難うございました。
参加の皆さんお疲れ様でした。
という事で比較的涼しい梅雨の中休みに恵まれた輪音、幻の大仏鉄道探索RUNの巻でした。

サドルバッグサポーター

梅雨で自転車に乗れないのでシクロジャンブルで手に入れたニットーのサドルバッグサポーターをランドナーに取り付けました。
今迄は簡易のニットーワイヤーガード(写真)を使っていました。



で取り付けたのがコレ、6ミリパイプで出来ていて軽量、ダブルボルトや袋ナット、ワッシャー類も付属で未使用品で¥2500(定価¥5800)でした。
シクロジャンブルはコレだからやめられまへん(^_^)‼




以上前回に引き続き小ネタですが
サドルバッグサポーターの巻でした。


昨日の晩酌

コネタです。
昨日の晩酌はあまり変わり映えしない絵ヅラで申し訳ありませんが、最近ハマっているタラコの燻製を大根とキュウリのスライスと一緒にいただきました。



以上昨日の晩酌の巻でした。


葛城古道を辿る

6月18日(土)輪音&ブログでお世話になっているスミだんなさんのお誘いで、これまたブログでお世話になっているモゼールさんのオフ会に参加させていただいた。

柏原市役所でスミだんなさんと待ち合わせ、自転車を私の車に載せ集合場所のJR橿原神宮前近くの公園の駐車場に車をデポ、途中朝食のモーニングをとる予定だった喫茶店が準備中で結局コンビニでパンやおにぎりを買って済ませる事に!



ブログでお世話になっているといってもモゼールさんとはコメントのやり取りのみでこの日が初対面、時間が来て緊張しながら挨拶を済ませ、とても70歳以上とは思えないモゼールさんの筋肉隆々のふくらはぎを見ながら橿原神宮前をスタート。
本当はもう少し人数がいたそうですが雨で順延になって本日は私達だけということでした。




御所市今住の古い町並みが残る道を通り。



スミだんなさんがハマっている道路元標等を見ながら。







アジサイが咲くJRと近鉄が乗り入れる吉野口駅で休憩。



そこから坂を登って「風の森」へ、この日は梅雨の中休みで気温は高目でしたが湿度が低く、風の森の名にふさわしい涼しい心地よい風がこの景色の中を吹き渡っていました。






風の森で記念撮影。(スミだんなさん提供)



田園風景の中を走って高鴨神社、境内にある池の周りには紫陽花が咲いてこの時期ならではの風景、見渡すと池の周りにはもみじが多く秋には素晴らしい紅葉が期待できそうモゼールさんの話ではここは人も少なく穴場だそうです。





そこからさらにピークまで登ってこの景色、この日は霞んでいましたが
遠く高見山(和製マッターホルン)も見えていました。



 





再び葛城古道に戻って絶景を見ながらのダウンヒル.




古い郵便局を改装したカフェや江戸時代から創業の醤油屋さん(片上醤油)や。




仲間内で人気のお酒「百楽門」の葛城酒蔵を通り。





お昼はモゼールさんの隠家?ログハウスカフェ「ホームスイートホーム」
で絶品ランチ!!




テーブルの上には先程立ち寄った片上醤油が置いてありました。
少し味見、料理もさることながら、ここのご飯(お米)がおいしかった。


食後のコーヒーはまた別の場所まで移動してということで
途中に寄った葛城坐火雷(かつらきにいますほのいかづち)神社(笛吹神社)

ここにはなぜか日露戦争で使われたロシア製の大砲が境内に鎮座していました。


そしてコーヒータイムは
古民家風カフェ「酪」
店の主も自転車好きでサイクルラックが設置してありました。
帰り際に写真も撮っていただきました。
お店のフェイスブックより


「酪」でマッタリしたあとは、まだ時間も早かったのでコース以外の小さな峠を2つ案内して頂いて飛鳥駅へ






そして飛鳥駅で火照った体を激安かき氷でクールダウン!
(写真はもゼールさんまたはスミだんなさんのブログでどうぞ)
モゼールさんのブログhttp://blogs.yahoo.co.jp/admoku/40556569.html

スミだんなさんのブログhttp://blogs.yahoo.co.jp/sumidanna1116

その後モゼールさんしか知らないような道でスタート地点の橿原神宮前駅に戻ってお開きとなりました。

写真では伝わらないかもしれませんが、大阪弁で言いますと「ホンマええ道!!」ばかりでした。モゼールさんお世話になりました。お陰で楽しい1日でした。
スミだんなさんお誘いいただきありがとうございました。
ということで葛城古道を辿るの巻でした。













ナニ銀ポタに参加

6月11日(土)ナニワ銀輪堂さん主催の渡し船&大正B級グルメポタに参加して来ました。




JR大正駅に朝8時に集合。近くの公園で自己紹介&店長N元さんによるブリーフィング。


集まったのは総勢8名、すべてガード(泥除け)付きのランドナー&スポルティーフというナニ銀さんらしいエントリー!
コース説明のあと尻無川沿いの瓦問屋を抜け甚兵衛渡船に乗船。


甚兵衛渡船を降りたところ。ランドナーが勢ぞろい。


この甚兵衛渡船場はなにわ百景にも描かれていました。



次は地元の人しか知らない桟橋に自転車を並べて店長のN元さんが川の対岸から記念撮影していただいたのですが、何処から写していたのか全員がわからずポーズも取れないまま撮影終了!画像はナニ銀さんのブログでどうぞ!?http://blogs.yahoo.co.jp/fukurow88123



そこから少し走って千歳渡船。なみはや大橋、みなと大橋が見えます。


この渡し船は千歳大橋の真下を渡ります。




千歳渡船を降りてIKEAに到着。


この日は気温が30度を超える暑さ、それぞれ¥50 のソフトクリームで涼を取ります。



小休止のあと船町渡船に乗り。



つづいて木津川渡船。 


折り返しは木津川大橋を渡って戻ります。(Mdさん撮影)ナニ銀オリジナルTシャツの店長N元さんと私。



橋の頂上で絶景を見ながら休憩、8台のツーリング車が並んで景色よりも壮観でした。 


        休憩後この橋のループ橋を下ったところにあった飛行場跡の碑。


 お昼も近くなり小腹もすいたのでリトル沖縄と呼ばれる大正区の代表的B級グルメ、
ホルモン焼きを堪能。(Mdさん撮影)


代金後払い勘定は串の数で精算。ほとんど1本¥50 ノンアルコールビールで乾杯!!


B級グルメに沖縄のお土産屋さん等を散策、その後は昭和山へ登板。といっても標高33メートル


でも標高とは裏腹にかなりの絶景でした。



休憩後、昭和山を下ってスタート地点近くまで戻り、尻無川水門、建設者殉職の慰霊碑を見学。
この水門の工事中の事故で川底に今でも11人の殉職者が埋もれたままになっているそうです。




最後は悲しい話になりましたが渡し船を巡るナニ銀ポタはここで終了。半日ぐらいの工程でしたが、地元出身のナニ銀さんの案内でまた新たな発見もあり大変内容の濃いポタとなりました。
N元さんお世話になりました。有難うございました。参加の皆様お疲れ様でした。
という事でナニ銀ポタに参加の巻でした。

オマケ 本日参加のランドナー紹介。
ナニ銀店長N元さんのALPS


MdさんのSW WATANABE 


三木製作所製ランドナー。



TOEI デモンターブル



ナニ銀さんでレストアされたMIYATAルマン。



新たなオーナーが決まったエクタープロトン650 42B(シルバーチャリオッツ)


BRIGISTON  アトランチティスキャンピング。


そして私のCRAFTED700Cでした。













今夜の晩酌

今夜の晩酌はタラコの燻製"カラスミ風とたまごの燻製"で美味しくいただきました。



大根を薄くスライスして紫蘇の大葉と焼き海苔を載せて一緒にいただきます。このねっとり感がたまりません


と言う事で、小ねたですが、今夜の晩酌の巻でした。


Simplexディレイラープーリーの交換

少し前のクラブランでの事、一緒に走っていたITさんのTOEIのリアディレイラーから異音が・・・!経年劣化か?サンプレのプーリーが割れて見るも無残な姿に!!
幸いリーダーのIWさんが予備のプーリーを持っていてゲスト参加されていたkottaman師匠が修理をして事無きを得ました。
サンプレのディレイラーは私も使っているので人事では無いという事で先日イトーサイクルで購入したプーリーを交換してみました。
BBB(台湾)製のローラーボーイズと言う10Tのプーリーを使います。
軸径のアダプター(ブッシュ)が付いていてシマノやカンパ、スラムにも対応しています。
さすがにSimplexに対応とは書いていませんでした。!?(当たり前(笑))



台湾製ですがシールドベアリング部にはNSK(日本精工)の文字が!!
信頼の置ける日本製のシールドベアリングを使っています。
ピンボケで失礼!



こちらはディレイラーからはずしたサンプレの純正のプーリー、ベアリングは入っておらず(当時はほとんどがこの形)ブッシュと特殊なワッシャーのみ。




サンプレのプーリーの軸径はΦ6ミリでした。



なので内径6ミリのブッシュ(アダプター)を使います。
プーリーが入っている箱の裏面に説明が・・・6ミリの場合”D"のブッシュを使用。



でも実際にブッシュにサンプレの軸を入れてみましたが、入らなかったのでΦ6のリーマーで孔を広げました。



つぎは純正のプーリーの厚みを計ります。10.6ミリでした。




ブッシュを両側にはめ込んで、純正に合わせてブッシュの外面をぺーパーなどで削り、新しいプーリーの厚みを調整。(ワッシャーはM6用のステンレス平ワッシャーを使用)



サンドイッチした状態では0.3ミリ厚いですが、もともとガタがあったのでこのくらいがシックリいくと思います。




あとはディレイラーにプーリーを取り付けて完了!
少し手間がかかりましたが、今自転車に付いているサンプレのプーリーもすべて交換する予定です。





という事でSimplexディレイラープーリー交換の巻でした。



プロフィール

FC2kanbi

Author:FC2kanbi
のんびり景色を見ながら走るのが好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR