FC2ブログ

いつもと違ったお散歩コース Part2

7月24日(日)仕事が忙しくこの日は休養しようと思っていたのですが、あまりの天気の良さに午後から、いつものお散歩コースを走ってきました。


いつものように城北公園を通り淀川に出ます。





淀川提に出て、おなじみ”城北のワンド” 調べてみてわかったのですがこのワンドにもあの治水の恩人と言われるオランダ人土木技師ヨハネス・デ・レーケさんが携わっていたそうです。
「淀川はもともと平均水深40cm程度の浅い川で江戸期には三十石船が大阪と伏見を行き交っていましたが明治以降は輸送手段として蒸気船を航行させることになり航路を確保するため150cm程度の水深が必要となり雑木などを束ねた粗朶を川床に沈める粗朶沈床による水制工(河川の両岸に構築物を設置する工法)がデ・レーケ技師らが中心となって進められ、これが淀川全体で数百に及ぶワンドを形成する事になったそうです」
旭区のホームページより。だそうです。



ワンドとは川の淀み、入り江、淵、と言う意味があるそうで、ここ城北のワンドは川が堰き止められ無数の池のようになっています。
45年ほど前に父親に連れられヘラブナ釣りに来た記憶があります。そのころから周りの景色は一変しましたがワンドの姿はあまり変わっていないような気がします。


いつも何気なく走っている淀川CRですがこんな事を調べながら走ると面白いと思います!?
これはブログでお世話になっている”スミだんな”さんや ”にも”さんのブログの影響が大きいかも知れません!?


そこから15キロほど走って歩道の狭い枚方大橋を渡り高槻市に入ります。



そして辿り着いたのが今日の散歩の目的地、唐崎地区の「段倉(蔵)」のある お家。



江戸~明治時代の淀川沿岸地域では水害などから財産を守るため、敷地の隅に石垣を築き、その上に土蔵を建てたそうです。
敷地の北西(戌亥)隅に立つ物が多いことから「いぬいぐら」とも呼ばれているそうです。
この前。お散歩コースで行った一口(いもあらい)の小椋池周辺では「水屋」「段倉作り」
と呼ばれ、高槻や寝屋川では「段倉」と呼ばれているようです。





やはり蔵には大切な物を入れていたのですね!一番高いところの蔵には一番値打のあるお宝が眠っていると言う事でしょうか(笑)!?石垣の高さが凄い!!








唐崎地区はほかにも古い建物が残っていそうなので散策してみました。
すると先ほどの段倉よりも小ぶりな段倉を見つけました。



もうひとつ。


さらにもうひとつ!!



お家全体が石垣の上に建っているところも多々ありました。



家から往復40キロ足らずのポタでしたが、淀川CRには渡し舟の跡などまだまだ見るところが沢山ありそうです。
夏の暑い時期はのんびり走って史跡めぐりでもするのがお勧めです。
帰りはまたイトーサイクルに寄って帰途に着きました。


と言う事で、いつもと違ったお散歩コース Part2の巻でした。


今夜の晩酌

小ネタです!
今夜の晩酌は「缶つまアサリのスモーク」‼



自家製の燻製ではありませんがアサリを燻製オリーブ油に漬け込んだ中々凝ったおつまみでした。
缶詰の独特なクセも無くオススメです。



箱にはワインと楽しむとありますが今日はお中元で頂いた「サントリープレミアムモルツ マスターズドリーム」と言う普段は絶対買えない瓶入りの生ビールで頂きました。



と言う事で今夜の晩酌の巻でした。

朝練ポタ

7月17日(土)これと言って予定が無かったので何時ものお散歩コースをポタって来ました。
淀川CR



午前中は結構雲が多く木陰を走ると案外涼しく快適に京都府八幡市の御幸橋に到着‼



石清水八幡宮で休憩後、秋には紅葉で有名な善法律寺(通称モミジ寺)で今は緑が綺麗な中庭を見学。




帰りは気温も上がってたのですがお決まりの向い風がこの日は気持ち良く、この前立ち寄った門真の喫茶店「エマコーヒー」で夕凪CCのリーダーIWさんの写真展を見て帰って来ました。



と言う事で朝練ポタの巻でした。
(帰りに通った橋本宿)


トーイン・アジャスタブルブレーキシュー

先日イトーサイクルで見つけたブレーキシュー。メーカーはASHIMAとありますがタイオガ製らしい。


特徴はアーレンキーで軸を緩めて。



トーイン調整が簡単に出来る事。
舟に対して軸の角度が付いているのがお分かりでしょうか?



仕掛けは舟の軸受けにRを付け、そのRに合わせたワッシャー(片面はフラット)とツバ付きのボルトのバカ孔を大きめに開けてあるのでその範疇、角度が上下左右
容易に調整可能と言う優れ物‼
アーレンキーで締めた位置で固定されます。


シューがへたってもシマノのブレーキシューと交換出来るそうです。



あと気に入らないのは軸がわざわざ黒のアルマイトになっている事
でした。なのでアルマイトを剥がしてミガキました。軸が長すぎるのもちょっと気になるので切断してタップを追い込むと解決するでしょう⁉



シューの色もオレンジでクールストップを意識しているかの様です⁉


お値段もこのクオリティでワンペア1000円弱とリーズナブル。
オススメです。
近々改造を予定しているGC450のブレーキシューとも互換性がありそうです。




と言う事でトーインアジャスタブルブレーキシューの巻でした(^_^)。

クラブランで 高野山

7月10日(日)、雨の予報が2日前に晴れに変わり予定していた夕凪CCのクラブランに参加。 今回のコースは夏本番という事で涼しく走れるプラン。
世界遺産の高野山の山の上まで輪行してあとは下るだけというおいしいコース。自宅をいつもの通り道中でのパンクを想定して早めに出発、集合場所の南海難波駅に到着。自転車を分解して輪行袋に入れて準備完了。



8時36分発の急行橋本行に乗り込み途中駅から参加、麓から自走のメンバーを含め総勢16名。
橋本駅で関西で唯一の山岳列車?高野線に乗り換え着いた駅が終点の「極楽橋」!
ここから高野山ケーブルに乗り換え、途中のエントランスには風鈴がお出迎え!
涼しさを演出!?



たぶん外国人観光客がいっぱいで輪行袋+13人は一気に乗れないだろうと思っていたのですが意外と空いていて全員同時にケーブルに乗車する事が出来ました。



5分ほどで高野山に到着。この傾斜が凄い!!!





それぞれ自転車を組み立てて準備完了。リーダーのIWさんのコース説明のあと涼しい空気を浴びながら(25℃)高野山駅(標高800m)を出発。極楽隋道。



続いて弁天隋道。
前を行くのは御歳81歳の夕凪CC重鎮、田川フォルテ700Cを駆るS島さん。




途中の景色の良いところを発見。周囲は1000メートル級の山々が聳えています。
他のメンバーはくだり基調なので素通りしたらしい?
もったいないのでワンショット!!本日私は650Aランドナーで出動です。




少し下って大門に到着。ここでもあまり見学はせずに皆さん行ってしまうのでH原さんと慌ててワンショット!!仁王さんをゆっくり見たかった!?






高野山の目抜き通りのコンビニで食料を調達。弘法大師御廟(ごびょう)参道近くのベンチで昼食。ここでケーブルに乗らずに麓から自走してきた3人(S田さん、M谷さん、S竹さん)が合流。いずれも70歳前後の高齢者、あたまが下がります!!




昼食後は「奥之院」を散策。




樹齢何百年?の杉の木や苔生した著名人のお墓等が弘法大師御廟への参道に並んでいました。






弘法大師御廟(撮影禁止でした)にお参りしたあとは高野山を下ります。
所々道が苔生していて気を抜けない長いくだりが続きました。







麓近くの集落まで下ってきて本日のお目当てのひとつである中小沢橋梁を見学。
絶対一人では行かないような深い峪にありました。




鋼トラス構造の橋梁で山陰線の旧餘部鉄橋と同じ形式のトレッスル橋。
全長67.6メートル、高さ33メートル。
(昭和2年竣工、昭和3年開通)



最近再塗装されたみたいで残念?でしたが、私的には赤錆びた橋梁が見たかったのもあります、でも現役の橋梁なのでこの方が安心です、実際、朝は輪行して電車でこの橋を渡って来たのですから・・・!



写真では明るく見えますが実際は薄暗かった。私は鉄っちゃんではありませんが、なかなか見ごたえのある中小沢橋梁でした。



そこからさらに下って丹生川沿いを走り高野下駅を経て九度山へ、次のお目当ての「真田庵」は時間切れ(5分前)で閉館していて残念でしたが、お隣のそば処「幸村庵」で打ち上げ??をする事に!!!


美味しいお蕎麦に舌鼓!!




そして九度山駅から輪行、解散となりました。
と言う事でクラブランで高野山の巻でした。



オマケ。7月9日(土)はスミだんなさんとサイクリングの予定でしたが朝は雨だったので断念。なので、夕方からKIHRUのブログのKIHARUさんのお店「季春」で(早口言葉では無い(笑))スミだんなさんと作戦会議???
昨今、伊勢志摩サミットで話題の日本酒「作」(ざく)等をいただきながら夜遅くまで作戦会議?をしてきました。(KIHARUさんお世話になりました。)なのでクラブランの朝がつらかった・・・!と言う事でオマケでした。


話題の「作」等をお呑みになりたい方は是非、谷町9丁目、真言坂横の居酒屋「季春」へお越しください。


朝練と小ネタ

7月1日(土)梅雨の中休み、あさから夏空のなか、淀川CRを夕凪CCのリーダーIWさんと京都府八幡市まで走って来ました。
途中の写真は無く休憩した石清水八幡宮での二人の愛車。

IWさんのTOEI 650Bデモンタブル(カップリング式)。



私はCRAFTED700C。この日はフロントバッグがおNEWです。



帰りは川面に白波が立つほどの強烈な向かい風、途中から堤防を離れ冷房の効いた喫茶店で一休みして帰って来ました。

続いて小ネタです。
先日、イトーサイクルに部品を買いに行った時に店長さんから「こんな物が出て来からあげる」と言って頂いた懐かしい
10穴ボックスレンチ‼




確かトモダのワールドパーツに載っていたな~と。



帰ってワールドパーツを開いてみたらありました。当時の値段は¥280でした。お宝には程遠いですが懐かしくてブログネタにさせて頂きました。




以上朝練と小ネタの巻でした。
プロフィール

FC2kanbi

Author:FC2kanbi
のんびり景色を見ながら走るのが好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR