FC2ブログ

デモンタデビュー淡路鳴門ツーリング

1月18日~19日、昨年クリスマスにレストアが完成したNationalデモンターブルで淡路島と徳島鳴門グルメツーリングに行ってきました。
JR大阪駅から明石駅まで輪行、明石駅に集まったメンバーはKottaman師匠、夕凪CCのM谷さん、Kgさんと私の4名。このツアーは私以外の3人が毎年1月の恒例にしているグルメツーリングで今回初めて参加させて頂きました。



9時20分に明石駅を出発、少し走って明石港に到着、淡路ジェノバラインで淡路島に渡ります。


明石港を出港して間も無く明石海峡大橋の下を通ります。


船内は広々、海も凪ていてまったく揺れずに淡路島、岩屋港に到着。



岩屋港からR28号を南下、海沿いの景色を楽しみながらのんびり走ります。
ランドナーはのんびりが最高!!



途中、休憩もいれつつ志筑で昼食、そこから県道66を更に南下、巨大な鳥居が目を引く”おのころ島神社”に到着。このツーリングの安全祈願&コーヒーブレイク。



休憩後、さらに南下して宿を取っている福良漁港に到着。淡路島を縦断。
老舗旅館「やぶ萬」さんでゆっくり温泉に入った後は、三年ふぐのてっちり鍋コースに舌
贅沢な夜は更けてゆく~!!


ひれ酒に名物三年ふぐの白子焼き(大きさに驚き!)


三年ふぐのてっちり鍋。〆はもちろん雑炊で!!至福の時はながれ行く~!!(笑)



明けて2日目は宿の車で鳴門海峡大橋を渡った鳴門公園まで送って頂き、徳島県に入ります。今しがた渡ってきた鳴門海峡大橋をバックに記念撮影。



そこから海岸線を走り徳島Tラインと言う自転車道を目指します。



しばらく走って吉野川沿いの徳島Tラインサイクリングロードに入り。




街中のスーパーで昼食を買い込み徳島港から南海フェリーで輪行。
ターミナルで自転車をバラシます。
デモンタの輪行状態完成形。奔放初公開!(おおげさです。(_ _)m )


もちろん転がせます。



徳島港から和歌山港までは2時間の船旅、と言う事で昼食だけでは飽き足らず
小宴会、懲りない面々でした。(_ _)m !


この後和歌山港に到着、南海線に連絡通路があり転がし輪行で南海電車で帰阪しました。と言う事で「デモンタデビュー淡路鳴門ツーリング」の巻でした。

余談ですが、徳島から和歌山への南海フェリーでこんなご夫婦と遭遇、世界中を自転車で旅しているアルゼンチン人のアンドレス(旦那)とフランス人の奥様のクレメンス、今頃は京都を訪れていると思います。もしこのご夫婦と出会うキッカケが有れば彼らのこれまでの自転車旅をドキュメントにしたメモリースティックを買ってあげて旅費のカンパをしてあげてください。よろしくお願いします。










燻製初め


2017年最初の燻製初めは超簡単「堅ぶつ」(亀田のあられ)の燻製。





中華鍋にスモークチップ(ヒッコリー)をセット網を敷き、あられを載せて燻すだけ。(Befor)



約10分燻して出来上がり。



After、真ん中に燻す前のあられを一つ置いて見ました。



一晩寝かせてビールのおつまみに!!
以上、超簡単!燻製初め の巻でした。



クラブランで初詣

ちょっと遅めのブログアップになりますが1月9日(祝)夕凪CC今年初めのクラブラン
紀伊の国(和歌山)一の宮に初詣に行って来ました。
JR和歌山駅に集合、この日はデモンタのデビューは輪行袋が間に合わなかったので
先送り、三木製作所650Aのランドナーで出陣。
夕凪の先輩M谷さんのTOEIデモンターブル。参考にさせていただくために組み立て前に
写真を撮らせていただきました。



新年の挨拶を済ませて総勢14名で初詣に出発。
天気は曇り時々晴れの予報なのですが、今にも泣き出しそうな空です。


日前神宮(ひのくまじんぐう)に到着。





長い参道を歩きます。




隣接している國懸神宮(くにかかす)にも参拝。
今年一年の健康を祈願してきました。
今年は年男でめでたく?還暦を迎えます。





泣き出しそうな空の下をしばらく走って。







伊太祁曽神社(いたきそ)に到着。



ここでは家族の健康を祈願して来ました。


この後雨もぱらつき始め、お昼も近かったのでオークワというショッピングセンターで雨宿り兼、昼食を済ませ、午後からのランは残念ですが悪天候で中止となり、南海線組とJR組に別れて流れ解散となりました。と言う事でクラブランで初詣の巻でした。
(帰りに通った和歌山城)




デモンタの輪行シュミレーション①

デモンタの輪行のシュミレーションをやってみました。


右側ペダルをトークリップが上に来るように固定。




左側クランクをフレームとベルクロで固定。



次はシフトワイヤージョイントをはずします。Fディレイラーのシフトワイヤーは私の場合ロウノーマルのFDのため、ワイヤーを緩めるとFDがロウ側に移動するためフレームとFDの羽根の間にゴムのブロックをかまします、こうするとアウターの歯がむき出しにならなくて済み
万が一クランクが動いてもアウターの歯が地面に当たって痛むのはチェーンがあるので最小限に抑えれると思います。(歯がむき出しだと輪行袋も破れそう?!)
昔はトップノーマルのFディレイラーもサンツアーから3機種ほど出ていました、このナショナルデモンタもカタログではトップノーマルのコンペVと言うFDが付いていたみたいです。




後輪のブレーキワイヤーをはずし、前、後輪を田川式の金具にハブクイックで接続。



次はトップチューブとサドルを固定。ステムを緩めてハンドルを45度くらい曲げます。



ダウンチューブの接続部に靴下?をはかせます。(100均で買ってきた椅子の足にかぶせる消音材=4個¥100)その靴下を半分裏返してブラブラしているシフトワイヤーのジョイントを中に巻き込みます。接続部の保護とワイヤーの絡みつき防止一石二鳥!?



前後しますが、トップチューブとサドルをタイヤチューブで固定する位置はダウンチューブの接続部がボトルケージと干渉しない位置で固定。ここにも靴下をかぶせます。
シートチューブとダウンチューブが接触する位置には傷が付かないようにフレームカバーを巻いています。



輪行袋はまだ改造する予定ですが、転がす場合は上からかぶせて。


担ぐ場合はつものように包むだけ、チョット(相当?)わかりにくいですが、以上デモンタの輪行シュミレーションの巻でした。





デモンタの試走

1月7日、昨年末にレストアが完成したNationalでモンタで京都八幡の「流れ橋」まで試走に行ってきました。
淀川CRを走ります、天気は快晴、風も無く、朝は冷え込んでましたが日中は暖かく絶好のサイクリング日和でした。



途中、枚方大橋(R170)下の河川公園では消防隊の出初式が行われていました。


京都府に入り石清水八幡宮の灯篭の脇の垣根には山茶花が満開でした。


    安居橋(あんご)で休憩。



木津川CRを走って流れ橋に到着。昨年の補強で流れにくくなった流れ橋、無事に台風シ-ズンを乗り切った様です。



走行や変速に関してはまったく問題なし快調に走れました。
     いつものように流れ橋を徒歩で往復します。



これまでの変更点はライトホルダーのライトが走っていたら傾くのでキャリアに共締めしていたホルダーをはずし、キムラ製作所のLH05Bを位置変更してキャリアに取り付けました。
Befor


After  と言う事でデモンタの試走の巻でした。



新年


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

FC2kanbi

Author:FC2kanbi
のんびり景色を見ながら走るのが好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR