FC2ブログ

クラブランで「日本遺産、竹内街道から近つ飛鳥へ」

7月16日(日)夕凪CC7月のクラブラン「日本遺産、竹内街道から近つ飛鳥へ」に参加してきました。地下鉄御堂筋線 新金岡駅に16名が集合。



コース説明のあと出発。先ずは竹内街道沿いのカシマサドル製作所が開いていたので見学させていただく。


アポ無でしたが快く見学を受け入れていただき工場内を見学。
サドルが出来る工程や。


歴代カシマサドルのショウルームなどを見せていただきました。

今はもう製造されていないカシマプロフェッショナル皮サドル。


その後、無数にある古墳を横目に竹内街道を東進。


羽曳野市に入って竹内街道を更に東進。



街道の情緒を楽しみながらガード率の高い今日のメンバー(途中合流含め18名中13名がガード付き)で日本最古の官道、竹内街道を走ります。


近つ飛鳥と呼ばれる地区に入って葉室古墳公園で昼食。 (IWさん提供)


昼食後は近つ飛鳥博物館へ。 (IWさん提供)


帰りは天皇稜古墳。 (IWさん提供)


石川サイクルライン。


江戸時代から残る旧吉村家住宅などを見学して地下鉄御堂筋線「北花田駅」付近で流れ解散となりました。と言う事でクラブランで「日本遺産、竹内街道から近つ飛鳥へ」の巻でした。









番外編「世界を変えたレコード展」

7月15日(土)本来は3連休の初日になるはずが、仕事が忙しく休日出勤、仕事を終えてから前々から行こうと思っていた大阪梅田グランフロントで開催されている「世界を変えたレコード展」に行ってきた。


なんと入場無料!読んで字のごとくレコードコレクションからたどるミュージックの歴史。


プロローグから壁にアーティスト(エルビスプレスリー)のレコードが飾ってあり、アーティスト同士や評論家などのコメントがプロジェクターで投影される。


マイケルジャクソンのレコードとマドンナのコメント。


会場はわりと年輩な方々(私も含め)が多かった。会場はうれしい事に写真撮影OK!


この辺は私の親父の世代かな?ルイアームストロングにフレッドアステア。



ノーベル賞を受賞したボブディラン。


ジャケットが展示してある反対側の壁には延べ50メートルに及ぶレコード年鑑が!


展示は7つのブースに分かれていてそれぞれにテーマがある。


50年はエルビス、60年代には入ってビートルズが登場。







そろそろ私が知っている懐かしいジャケットが現れる。ジャクソンブラウン。


私も所有しているイーグルス「呪われた夜」。


MTVはよく見ました。聞く時代から見る時代へ





そしてジャケットアートギャラリーのブースへ。
YMO


AOR ボズ スキャッグス「シルクディグリーズ」


TOTO ターンバック

シンディローパー「ニューヨークはダンステリア」

名盤イーグルス「ホテルカリフォルニア」

ドナルドフェイゲン「ザ・ナイトフライ」


J.Dサウザーにボストンなどなど!私の世代でした。


1989年を境にアナログレコード生産が消滅しCDにとって変わられ、ポピュラーミュージックの世界にデジタル化の波が押し寄せ、レコーディングのスタイルも変化し、機材も含め音楽の聴き方も変わっていった、そしてインターネット上の音楽配信が一般化し、世界中の町からレコードショップが消えていった。(リーフレットより)今はLPはもちろんCDプレーヤーさえ持たない新しい世代。でもこの展示会を見るとターンテーブルが欲しくなると思います。入場料を払ってでも見てみたい良い展示会でした。まだ行ってない方は是非お勧めです。と言う事で「世界を変えたレコード展」の巻でした。








CANPAGNORO RECORD ハブ

先日、夕凪CC世話役のI・WさんからカンパレコードLFハブをいただいた。
かなりヤレているので磨いてね!と言う事で磨きました。
Before

Before

Before


After

After

After


これで色々と使えそうです。あと小物もすべて磨きました。
CANPAGNORO RECORD ハブの巻でした。






Ride & Smoke

仕事が忙しくブログアップが滞っています。
少し前の話になりますが、6月24日、スミだんなさんのお誘いで「南大阪ポタリングクラブ」
の大阪レトロ建築クラブランに参加してきました。案内役はもちろんスミだんなさん。
南海線天下茶屋駅に集合、3人の方の見送りを受け、私も含め6人のオサ-ン(おっさん)でスタート。西成区を駆け抜けてまずは高島屋東別館(旧松阪屋大阪店)昭和3年



「住友銅吹所」元住友邸ビリヤード場。明治12年


堺倶楽部(旧川崎貯蓄銀行大阪支店)



明治屋ビル(大正13年)



堺筋を北上、生駒ビルヂング。昭和5年




このひとが案内役なら煉瓦は絶対はずせない、いつものように煉瓦教布教活動JR桜ノ宮
駅横の旧大阪鉄道淀川橋梁橋台(明治28年)に乗って通行人のおばちゃんまで巻き込んで煉瓦を熱く語るスミだんな教祖(笑)!



大川沿いに走って、うちの近所の以前に当ブログで紹介した「トヨクニハウス」もコースに入っていた。


ここでティーブレイク!!


内部はリフォームされていましたが所々が当時のまま、落ち着いた雰囲気に根が生えそうなくらい居心地がよい!


最初はコーヒーにしようと思ったが全員一致?でミックスジュースを注文、ストローが沈まないほど濃厚でした。


トヨクニハウスでティーブレイク後は近くのスーパーで昼食を買出し、大川沿いで昼食後
再びレトロ建築めぐり再開 泉布館(明治4年)


桜ノ宮橋(昭和5年)



   フジハラビル(大正12年)


大江ビルヂング(大正10年)角に出入り口が有るのが珍しい。



菅澤眼科(昭和8年)


       ヴォ-リズ設計のフランス積み煉瓦で出来た大阪教会(大正11年)


    ダル・ポンピエーレ(イタリア料理)(旧大阪市消防局今橋出張所)大正14年


オペラ・ドメ-ヌ(結婚式場兼レストラン)旧大阪教育生命保険(明治45年)と隣接するヴォ-リズ建築の浪速教会(総和5年)



   と、他にも色々周ってラストは船場ビルディング!いつ来ても癒されます。




こんな所のオフィスを一部屋借りて自転車部屋を作りたい(叶わぬ夢ですが・・・)


ディープなレトロ建築を巡って集合場所の天下茶屋駅に戻る途中で立ち寄った「BI・CI・CLASSICA ビチ・クラシカ」元イタリアのロードレーサーが経営するビンテージロード専門店。


店内にはビンテージレーサーや部品がゴロゴロオリジナルのクロモリレーサーも販売
マニアにはたまらないお店です。




この日参加のにもさんのチタンフレームのコルナゴを鑑定中。
当時チタンの溶接技術が高かったロシア製のコルナゴと判明。


天下茶屋駅で解散後、頼まれていた部品を届けるついでに車もデポさせていただいたKottaman師匠の工房へ。自転車談義でもりあがり、この日もっともディープな場所でした。


オマケ、昨夜の晩酌で久しぶりにホタテの貝柱の燻製で一杯!!
という事でRide & Smokeの巻でした。






プロフィール

FC2kanbi

Author:FC2kanbi
のんびり景色を見ながら走るのが好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR