FC2ブログ

ひょんな事から ・BI・CI・CLASSICA

4月22日(日)晴れ、。今日は久しぶりにいつもの淀川CRで京都府八幡市の流れ橋まで走って帰って来る定番コースを走るために朝8時に自宅を出発。
ハナミズキが咲く大阪工大前を通って、淀川CRに出る。本日の相棒はCRAFTED700C


枚方大橋の日影で休憩していると、ビンテージロードレーサーに乗った方が次々現れ、
中には見た事のあるイタリア人、ルイジ・ヴェラーティさんの姿も、なんと中央区瓦屋町にあるビンテージロードレーサー専門店「ビチ・クラシカ」の走行会の集合場所だった。


声をかけて話しているうちに「一緒に走ろう!」と言う事になりお供する事に!
行き先はまだ決めていないらしい?後で聞いた話だが集まった人数によって決まるらしい??とりあえず八幡の御幸橋まで走るらしい!??
私は貧脚なので着いて来なかったら放って行って下さい、と約束をして、私を含め6人でスタート。元レーサーのヴェラーティさんのふくらはぎの筋肉にビビリながら(笑)!!


御幸橋から国道を少し走り八幡のコンビニで休憩。
本日のビンテージレーサー紹介。ルイジ・ヴェラーティさんのマルコ・マラストーニ。
チューブラーと思いきやドイツで仕入れたミシュランの21’クリンチャータイヤ、もちろんビンテージ。
仕入れた内の何本かは、空気を入れていたらコッパミジンに爆発してしまったらしい。
だから今でもこのタイヤに空気を入れるときは怖いらしい(笑)!!?



Yさんの”ロッシン”フレームを手に入れてから、そのフレームと同じ年代のオリジナル(ROSSINN刻印入り)部品を揃えるのに2年近くかかった拘りの一台!!



本日の最高齢Tさん?のNISHIKIロード改。イトーサイクルで組んでもらったらしい。
軽量加工のSuginoのチェーンホイールにハブ・FD/RDともにビンテージカンパのレコードで構成。



?さん(一度聞いただけでは名前が思い出せない)m(_ _)m、のデローザチタニオ。
チタンフレームにカーボンフォーク、ロードに関しては無知なのでご勘弁ください。m(_ _)m2



?さんm(_ _)mのビチ・クラシカ、オリジナルフレームCr Mo(VELATI)。
カンパのカーボンディープリムが目を引きます。




そして再びスタート木津川の山城大橋を渡り小さな峠を超えて宇治田原に出る。
ここからは宇治川を遡る。


このあたりまで来て行き先が判明!琵琶湖を見に行くみたい???
自宅からだと片道80キロぐらい??後悔しても後の祭り、付いて行くしか仕方が無い!?


瀬田の唐橋を過ぎると一気に視界が広がり琵琶湖に到着。
ここまでの巡航?速度は私の限界を既に超えており脚は完全に終わっていました。



国道沿いのコンビニで食料を仕入れて近江大橋を眺めながら昼飯タイム!!


2週連続で琵琶湖に来るとは創造もしていなかった!?先週は輪行で湖北、今日は
自走で湖南。


昼食後は記念撮影。帰りの事も考えて、ここで食後のドーピング(笑)。脚もツッていたので漢方薬のNo68を飲んでみる。


帰り道スタートして間もなくカンパのカーボンディープリムの方がパンク。
私の持っていた工具もひと役かって、チューブラーのタイヤ交換を実践で勉強できた。
帰りは基本クダリ基調と言う事で68も飲んだし行けるだろうと思っていたがドーピング?は京都の伏見を過ぎた当たりで効かなくなり、あえなく撃沈、あまかった、先に行っていただいた。



夕暮れに自宅に到着走行距離は145.84キロさすがに疲れました。



最後まで付いて行けずに情けない思いもしましたが、走り方やチューブラータイヤの事など
色々勉強させていただきました。ご一緒させていただいたビチ・クラシカの皆様、お疲れ様でした。有難うございました。
と言う事で「ひょんな事からビチ・クラシカ」の巻きでした。


〒542-0066
大阪市中央区瓦屋町2-14-8
・BI・CI・CLASSICA
06-6762-5116
www.biciclacica.com




花冷えに震えたイベント参加その②

続きです。
コーヒータイム後は湖岸道路を走って宿のある安曇川まで急ぎ足で向かいます。
なぜなら怪しい雲が立ち込めて来て・・・・!?



それから、あと一駅ぐらい走ればと言う所で本降りの雨、結局ほぼびしょ濡れ状態で16時に宿に到着。自転車を拭くことも出来ず、とにかく宿に入ってお風呂で暖を取る事に。
そして18時からの夕食&懇親会。メニューは近江牛のしゃぶしゃぶとお造り、煮物、ちょっと豪華でした。食後は各クラブの紹介などがありその後は宴会に突入、私達は参加しませんでしたが、2次会までちゃんと用意されていました。とここで携帯のバッテリーが切れてしまい肝心の宴会の写真はありませんm(_ _)m。


翌朝は7時から朝食、8時過ぎには全員で集合写真を撮って解散というスケジュール。
集合写真後は各クラブごとで湖北のサイクリングを楽しみに旅立って行かれました。




2日目朝は晴れていますが気温は低く寒さはかわらず。
私達、夕凪CCは宿の近くの今津駅周辺を散策。先ずは歌い継がれて昨年で100周年を迎えた「琵琶湖周航の歌」の資料館を見学。


創作者小口太郎の資料や琵琶湖周航の歌の歴史などさまざまな資料が展示、グッズなども販売されていました。館内には当然琵琶湖周航の歌が終始流れています。
歌詞が6番まで有ったとは知らなかった??


続いて今津辻川通り、通称”ヴォ-リズ通り”を見学。


著名な建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズ設計の建築物が並ぶ。
先ずは「旧今津郵便局」昭和11年(1936年)



”初めて見るのに何処か懐かしい”そんな魅力がヴォーリズの建築物にはあります。



次は「日本基督教団今津教会」手前の枝垂桜が満開。


今日は日曜日でミサが行われていました。昭和9年(1934年)


旧百三十三銀行今津支店、大正12年(1923年)現今津ヴォ-リズ資料館


館内にはヴォーリズに関する資料が満載、好きな方にはたまらないでしょう!





資料館の裏側には今津商工会議所があり、この新しい建物(2003年)もヴォーリズ建築の流れを受け継ぎ地元の木材を利用して建てられたそうです。



ヴォーリズ建築を堪能した後は北に向かい、私がリクエストして湖北に行くなら是非走りたかったメタセコイヤ並木の道に到着。


メタセコイヤの並木が約2.5キロも続きます。



感動の一言です!!




メタセコイヤ並木を見ながらコーヒータイム!!と洒落込もうとするがライターの調子が悪く
中々コンロに火がつけられない、半ばあきらめてもう一度写真を撮ろうと道路に出た瞬間!



ブログでお知り合いになった”にもさん”とバッタリ遭遇、お仲間とお花見サイクリングで
こちらに来ていたらしい。にもさんが持っていたライターで無事コンロに点火。


おかげであったかいコーヒーにありつけた!にもさんありがとう!!
このタイミングでこんな偶然はありえない!!彼は和歌山から、私は大阪から
、改めて世間は狭い、悪い事は出来ないね!っと痛感しました(笑)!!!


にもさんのおかげで淹れる事が出来たコーヒーでマッタリした後は、さらにメタセコイヤの道を堪能。



そして琵琶湖に流れる知内川に沿って走っていると、プチ”ねた”セコイヤ並木?がお出迎え(笑)!!そして前方にまた怪しい雲が出てきたので今津駅から輪行して早めに帰阪しました。




と言う事で「花冷えに震えたイベント参加その②」の巻でした。完結!!!




花冷えに震えたイベント参加その①

4月7日(土)~8日(日)関西の名だたるサイクリング倶楽部が一同に会する「第45回関西友好クラブラリー」に参加して来ました。
今回は12倶楽部61名が参加、場所は滋賀県、湖北の高島市安曇川にある旅館。


当日はチェックインの3時~5時までに必着と言う事で、我倶楽部(夕凪CC)は琵琶湖の上にあるもうひとつの湖、余呉湖から桜の名所、琵琶湖の海津大崎を走って宿に行くコースを予定、JR大阪駅に7時に集合、9時40分に余呉駅に到着。
目の前は余呉湖、この余呉湖は、ブログデビュー時に娘と走った思い出の湖ですが?


今日の天気は雨、気温は一桁(7度)オマケに自転車を組もうとすると前輪のハブのクイックシャフトのねじ山がつぶれてクイックがバカになってしまい、Sさんに輪行用のシャフトを借りて何とか装着、波乱のスタートとなる。



寒さに震えながら余呉湖(周囲6.4キロ)を一周する。



最悪のスターとでしたが、満開の桜に癒される、晴れていればもっと綺麗なのに・・・残念!?でも表情は明るい??




今年は開花が早いと言われていたのであきらめていたが、この辺はちょうど見頃である意味ラッキーでした。




余呉湖を一周して道の駅でトイレ休憩、そこから余呉川沿いに走って車の少ない旧道を登って賊ヶ岳隧道に到着。


隧道を抜ければ琵琶湖が一望。湖と言うより海の様!さすが日本一。





賊ヶ岳を下って塩津市の道の駅で昼食、
そこから湖岸沿いを走って桜の名所、海津大崎へ。


満開の桜並木が延々と続きます!!




海津市に入り、少し晴れ間も出てきてここでコーヒータイム!!
この辺りには江戸時代中期に波風を防ぐために築かれた石積みが1.2kmに渡って残っています。


その歴史のある石積みでコーヒーを淹れてホッと一息!!



花見も出来て気分は晴ればれ!!


目の前には今走ってきた海津大崎の雄大な景色が広がります。
山の裾野に延々と桜並木が続いています。


本日のメンバーは、夕凪CCの先輩方と私(右端)!!と言う事で今日はここまで後半に続きます。
「花冷えに震えたイベント参加その①」の巻でした。





春爛漫サイクリング

3月31日(日)ブログでお世話になっているモゼールさんのオフ会に参加してきました。
奈良県の橿原市周辺、飛鳥川、高田川、曽我川、の堤防に咲く、満開の桜をランドナーで
ゆっくり走りながら堪能して来ました。(本日の相棒はVendredi26HEランドナー)



橿原運動公園に同じくブログでお世話になっているだいすけさん、cancanさん
先週、輪音ランでもお世話になったスミだんなさんをはじめ7名が集合。それぞれ挨拶を済ませてもうひと方の到着を待つが出発時間になっても現れないので7名で出発。


モゼールさんの先導で橿原神宮の横を通って飛鳥川を目指します。
朝はヒンヤリしていましたが出発する頃には気温も上がってお花見日和!!



飛鳥川にかかる橋の上で小休止。





ここから満開の桜のトンネルが続きます。




川の堤防をず~っと満開の桜を見ながら走ります。


本日のメンバー、主催者のモゼールさん、スミだんなさん。


アルプススポルティーフを駆るT.Kさん


おなじみ、ランドナー補完計画のだいすけさん。



SWALLOWランドナーのVERDONさん



片倉シルクグロワール24(延陽伯号)で参加のCanCanさん。




飛鳥川沿いの田原本町付近で休憩。本日ガード(泥除け)率100パーセント!!



休憩後も桜満開の堤防沿いを走り、お昼も近くなって、モゼールさんおススメの川西町のイタリアンカフェ、「レザン」で昼食。


店内も落ち着いた雰囲気。(CanCanさん提供)


ピザランチを注文、サラダとソフトドリンクとデザートに、ゆずアイスが付いて¥1000ポッキリ!中々リーズナブルな上にピザも美味しい!!


昼食後は再び桜三昧、曽我川を南下。


桜三昧、写真三昧!!


足元にも桜の花びらがいっぱい。


川面には早くも花筏が・・・今日、明日が見頃かもしれません!?


高田川沿いでも桜三昧、写真三昧!(CanCanさん提供)



さらに桜のトンネルは続く・・・しかし今日走ったどの場所もホントに人が少ない穴場中の穴場!
大阪だと、こんな所は人が多すぎて自転車で走るのは到底無理でしょう!?



これでもか!と言うくらい桜を堪能!!



最後は千塚古墳の桜でお開き!




無数の古墳群と桜がコラボ!??






終盤途中で合流できた8人目のMさんのIRIBEデモンターブルのミニベロを前に記念撮影
。(CanCanさん提供)
モゼールさん桜三昧のエエ道サイクリングお世話になりました。参加の皆様お疲れ様でした。と言う事で「春爛漫サイクリング」の巻でした。






プロフィール

FC2kanbi

Author:FC2kanbi
のんびり景色を見ながら走るのが好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR