FC2ブログ

平野郷ラビリンス

8月26日(日)いつもお世話になっているスミだんなさんからの緊急告知招集!!(笑)を受けて彼が主宰する「輪音ラン」のプライベートバージョン「裏輪音」に参加してきました。
猛暑日予報のこの日は気温の低いはず?の午前中に大阪市平野区の「平野郷」を散策して美味しいものを食べてお昼で解散と言うシンプルなプラン。実家(平野区)に車を止めて
集合場所の大和川瓜破大橋に一番乗り!



スミだんなさんのNationalパスハンター。






緊急告知にもかかわらず10名が集まった。
中にははるばる京都から参加のI田氏も!!
本日はケルビムR2で参戦です。




「平野郷」=東に大和、南に紀泉をひかえ、平安時代より交通の要衝として発展。
戦国時代には町の安全と自治を守るため集落の周りを二重の堀と土塁でめぐらし
外敵の侵入を防いだ事から「環濠自治都市、平野郷」と呼ばれた。
在郷町として河内綿の産地としても全国に名をはせたと伝えられています。
幸い今次大戦の戦火を免れ、江戸期に完成した碁盤目の町割りや夏祭りなどの伝統行事
の数々も生活の中に定着し、大都市、大阪の中に在って今なお歴史息ずく風土と景観を残している地域である(資料より抜粋)。



平野郷を目指し中高野街道を北進。前を行くKottaman師匠、本日は自作キャリアにパニア
バッグを取り付けたTOEIプロムナードで参戦です。ニューサイのサコッシュが背中に!!
いつもオシャレです!!




平野区と言えば全国にその名を知らしめたスポーツ車のお店フォルテ田川(自転車の老舗)に寄らずに走ると失礼に当たる!?3年前に主が他界してからは自転車博物館は閉館中。中学校の頃良く店に覗きに来たものです。


環濠都市、平野郷のお堀には13箇所の橋があってその入り口にはお地蔵様がまつられているそうです(スミだんなさん調べ)12箇所残っているうちのひとつ。



旧南海平野線、平野停留所跡(路面電車平野駅)大阪では路面電車を称して”ちんちん電車”と呼びます。発車するときのベルがチンチン♪と鳴るのが由来!?
ちなみに現役の”ちんちん電車”(南海阪堺線)が大阪の天王寺~堺市の浜寺間を走っています。




短い区間でしたが廃線跡が残っています。






次は平野商店街にある、朝日新聞平野販売所(明治22年創業)。
レトロな建物と煉瓦は輪音ランでははずせません!!!


続いてお向かいの全興寺。


地獄通行門!?


中にはお決まりの閻魔大王さんと鬼さんが・・・・!!




地獄と来れば次は極楽!




マンダラに座って瞑想を!!


極楽に通ずる階段の手すりには四国八十八箇所の砂が入っていました。


色々あって楽しめます。昭和レトロ!?



続いて大念仏寺。




此処では、幽霊博物館と称する、大念仏寺所蔵の「幽霊画の掛け軸」が毎年8月の第4日曜日(この日)のみ公開されていて貴重な?幽霊画を鑑賞してきました。
もちろん撮影禁止なので画像はGoogleから拝借。



これを見ると館内は暗くてよかったと思いました、夢に出てきそう(怖ヮッ!!)






怖ェエエええ!!!




少しヒンヤリ??した後は平野郷の象徴、環濠跡が残る「樋尻口門跡」を散策。




そしてお昼も近ずき、河内木綿の栽培で栄えた平野郷の豪商辻本家が江戸時代初期に建築したとされる「平野郷屋敷」でお昼御飯をいただきました。



滝が流れる見事な中庭を見ながら。


「鰻蒸籠蕎麦」に舌鼓!!


地元なのに、前は何度も通るが中に入った事が無い、など知らない所が沢山ありました。
スミだんなさん楽しいひと時、有難うございました。
参加の皆様お疲れ様でした。
と言う事で「平野郷ラビリンス」の巻でした。











朝錬&ゴーグルケース?

今日(8/25)も暑いので朝のうちに京都府の流れ橋まで走って来ました。

淀川CR台風一過ですが、怪しい雲が残っています。



淀川の水も茶色に濁っていました。




三川合流(木津川、宇治川、桂川)御幸橋「さくらであい館」。



八幡市放生川(ほうじょう)安居橋(あんご)。




そして流れ橋に到着。


流れ橋に到着した時には青空が・・・当然気温もうなぎのぼり!!


いつものように歩いて橋を往復。


      ここで初自撮りをカマします!!(笑)!!!




帰りは枚方宿に立ち寄って猛烈な向かい風の中、帰途に着きました。


そして、家に帰ってきてシャワーをあびて一作業!!
使わなくなったゴーグルケースを見ていて思いつたのですが、これを使ってスペアのチューブラーが入るサドルバッグ?を作ってみました。


中のスポンジでできたプロテクター??を取り除いて。


スペアのチューブラータイヤを入れてみたら、なんとサイズがピッタリ!!
上半分にも余裕があるのでタイヤレバーやボンベ等が余裕で入りそうです!!?



と言う事で補強に皮のハギレとサドル固定用のベルトを用意して。


皮のハギレをこんな形に切り出します。(切り方が雑です。m(_ _)m)



それをゴーグルケースにサドルのループ?の幅に合わせて縫い付けます。ベルトの孔もあけます。(これも縫い方が雑ですm(_ _)m。 )


取り付けベルトは内側で調整。


サドルに取付けるとこんな感じになります。
以上、「朝錬&ゴーグルケース」の巻でした。






河内長野ラビリンス

8月19日(日)。昨日、当ブログのコメントに明日、河内長野市を散策すると”スミだんなさん”が言っておられたので、この比較的涼しい週末は何処かへ走りに行きたかった事もあり同行させていただいた。近鉄南大阪線古市駅で待ち合わせ、石川CL(サイクルライン)を南下。石川サイクル橋に到着。


休憩をしていたら、輪音ラン(スミだんなさん主宰)常連のDe_Gucciさんが合流。
そこから石川CLを走っていると dendenさん、さらにVerdonさんが合流。



総勢5人になりプライベート輪音ラン=裏輪音に。私はやっていませんがフェイスブックでスミだんなさんが、つぶやいたら自然に3人が集まったみたいです。
石川CLをはずれ少し登って滝谷不動尊で休憩。




そこから下って「観心寺」でトイレ休憩&水分補給。



また少し登って「延命寺」。此処に来たのはなんと45年ぶり!?



昔と変わらず落ち着ける場所です。緑のもみじも綺麗!紅葉すればもっと綺麗でしょう!!?




河内長野までクダリ、天野酒(あまのざけ)で有名な西條酒造に立ち寄る。




此処は高野街道、酒蔵通り。




蔵主さんも自転車好きで有形文化財(江戸時代~)である旧社屋の前には木製のサイクルラックが並んでいる!(右側)





店内を物色!?天野酒全種。有名人もおススメ!!


酒蔵の象徴、歴代の?杉玉が天井に!!


床には煉瓦が敷き詰めてあり、スミだんなさんが得意の刻印煉瓦を発見、蔵主さんも興味津々!奥にも煉瓦塀があるので見て欲しいと言う事になり、おかげで一般の人が見る事が出来ない酒蔵を見学できた。



「この煉瓦塀の積み方はイギリス積みですね!」とスミだんなさんの煉瓦ウンチクが炸裂する!!


蔵主さんも真剣に聞き入っていた(笑)。


スミだんなさんの煉瓦好きが功じて歴史のある酒蔵を堪能できてとてもラッキーでした。


西條酒造をあとにして、本日の目的、いよいよ河内長野市のDeep?な場所に入っていく!


石川に架かる黄金橋。


照明の意匠が旧さを感じさせます。この辺は長野新地と言うらしい。


橋の下には滝畑ダムから流れる石川が。


そして、さらにDeep?な所へ。




今は人が泊まる事は無い廃旅館?!
石川に面した斜面にひっそりと佇んでいました。


さらに迷宮??を通って。


人は住んでいそうなのに、明らかに使われていない玄関?非常口?


急な斜面に建つアパート?マンション??


そして、遊郭跡のような公民館?こちらはまだ現役でした。



河内長野市のDeepな??場所を散策したあとはお昼も近くなり先週娘と行くはずだった富田林の寺内町まで戻って八丁茶屋さんで昼食。


ざる蕎麦に舌鼓!


昼食後は今もっともDeepで旬??な場所!?富田林警察署前(脱走犯で話題!)で解散、お開きとなりました。
脱走犯が捕まった時の取材待ちの報道カメラマンが大勢待機していました。
前を麦藁帽にランドナーで走っているのは犯人??いや地元のVERDONさんでした(笑)!


帰りは再び石川CLを走って帰途に着きました。と言う事で、「河内長野ラビリンス」の巻でした。




オマケ 
天野酒の西條酒造のおみやげ「焼きねぎ味噌」天野酒の酒粕入りで晩酌!




蔵主さんおススメの諸キュウならぬ焼きねぎ味噌キュウでいただきました!!
おしまい!!!

















朝練 淀川CR

朝練です。今日は午後から用事があり一日中走れないので朝一で淀川CRを走って来ました。



最近淀川CRでまた釘がバラまかれた事件があったそうです。
東京の荒川CRでも同様の事件があったと思います、淀川CRの場合、わざわざ新しい釘を購入してばらまいてあったらしく嫌がらせにも程があるとは思いますが、
走る方も集団で猛スピードで駆け抜ける輩がいるので、一部のルールを守らない人のおかげで真面目に走っている人が迷惑を被るのわ否めないですね!
どんなにカッコイイ自転車乗りでも信号を無視して走っている輩は
その瞬間で価値がガタ落ちですね!という事で、朝練 淀川CRの巻でした。


クラブランとお盆休み

8月12日(日)クラブランに参加。コースは「若狭(福井県)小浜から若狭街道を三方五湖へ」
JR大阪駅に7時25分集合。駅まで自走の私は道中パンクを想定して、いつものように早い目に出発、6時過ぎに駅に一番乗り!(あたりまえ”汗)自転車を分解、輪行準備完了!
本日の相棒はNationalユニパック デモンタ(改)。


もちろん転がし輪行用秘密兵器?装着!!





10名のメンバーが揃った所でJR大阪駅を出発。それぞれ「青春18切符」使用で新快速に乗車、敦賀駅で小浜線に乗り換え小浜駅に昼前に到着。移動時間が長~い!!(笑)
小浜駅で新たに2名が合流し、昼食をとるため総勢12名で小浜フィッシャーマンズワーフに向かう。3日前までは気温が30度を下回っていたのに、この日は35度を超える猛暑日に!!オマケに湿度が高く自転車を組むだけで汗だくです!!



途中、小浜商店街にある「さば街道起点」のプレート。ここから京都まで鯖や塩を運んだ事から”さば街道(塩の道)”と呼ばれているらしい!!


小浜フィッシャーマンズワーフで昼食を済ませ、(お鮨を食べましたがネタがイマイチだったので写真はありませんm(_ _)m。)
その後、若狭街道を訪ねて若狭一ノ宮、「若狭姫神社」を参拝。


境内には樹齢千年の御神木が!!!



続いてしばらく走って若狭彦神社に参拝。この二つの神社を合わせて若狭一ノ宮だそうです。湿度が高く、高齢化しているクラブ員(私も含め)はこの時点で皆さんバテ気味!?


また少し走って若狭神宮寺で休憩。


さらに皆さんバテバテでオマケに一人がパンク。
修理を待つ間も無く、クラブのリーダーさんが最寄の駅から輪行して帰ろうと、クラブランを中断。あまりの暑さと湿気に皆さん相当まいってしまい、このまま走ると危険と判断、クラブ最高齢(82歳)の方もおられるので、まだ走ると言う人と二手に別れる事に!!





小浜線、新平野駅で4人を見送り、(1人はパンクと付き添い一人)
私も含め残り6人で、まだ半分も走っていない予定のコースを辿ります。
しかし前方に明らかに雨が降っている雲が現れます!。


案の定、雨がポツポツ、その内雨足が強くなりトンネルへ非難、少し雨宿りをした後、
同じく小浜線、三方駅で4人が離脱。結局、今日のコースリーダーM谷さんと私の二人が残り、此処まで来たら本日のメイン三方五湖を見て帰ろう!
(半ば私のわがままでしたm(_ _)m)と二人で予定のコース+αを最後まで走る事にしました。
雨もあがって少し涼しくなり三方五湖の三方湖に付いた頃には天気も回復、頑張った甲斐?あって素晴らしい景色を見る事が出来ました。


湖畔の道を走りやがて菅湖(すがこ)に出ます。


菅湖の向こう側が水月湖。(山を挟んで繋がっている)


雨上がりで山の稜線がクッキリ。夕暮れの素晴らしい景色を楽しみながらゆっくり走ります。


こんな景色にはランドナーが良く似合うと思います。



湖畔の景色を楽しみながら、さらに走って、4つ目の湖、「日向湖(ひるが)」が見えてきました。



夕日が水面に映えます!!


この湖は一番、海側に面していてほとんど海水だそうです。



その海水の入り口までやって来ました。絶景です!!


最後まで頑張ったご褒美でしょう!!



ほんとに景色の良い所でした!!


最後は5つ目の湖 「久々子湖(くぐし)」 を見て美浜駅から輪行、帰途につきました。
M谷さん、私のわがままにお付き合い頂き申し訳ありませんでした。m(_ _)m!!
おかげで楽しいクラブランとなりました、有難うございました。




オマケ  あくる日の今日は、今年、大学1回生になった娘と富田林寺内町に自転車で行く予定でしたが、ニュースで脱獄者が出たと、なにやら物騒なので急遽キャンセル。
娘のリクエストで映画のハシゴをしてきました。


と言う事で「クラブランとお盆休み」の巻でした。








朝錬、ロードポタ

お盆休みに入って猛暑が逆戻り!日中は走る気にはなれないので、朝の比較的気温が低い間に30キロほど走ってきました。
淀川CRに出て毛馬の洗い堰。



旧毛馬の閘門。



車重と転がりが軽いので癖になりそうです!?明日は所属するサイクリングクラブのクラブラン、ランドナーに戻った時が怖いです!??


大川(旧淀川)沿いに走って桜ノ宮あたりの蓮池で休憩。早朝なのにこの時点で汗だくです!!



蓮の花も綺麗に咲いています。


さらに大川沿いを走って大阪城。



外周道路を3週回って朝錬!!



8時半に帰宅しましたが汗びっしょり!まだまだ猛暑の危険な日?が続きそうです。
と言う事で「朝錬、ロードポタ」の巻でした。


デモンタ転がし輪行の秘密兵器!?

最近、三ヶ島ペダルから発売されたシルバンネクストシリーズのEzyスーペリア(脱着機構付き)と言うペダルの機能を利用してデモンタの転がし輪行の秘密兵器??を作ってみました。

三ヶ島シルバンネクストロードペダル。素晴らしい回転性のシールドベアリング仕様の高級ペダル??!!他にシルバンネクストツーリングペダルも展開。



Ezyスーペリアペダルの脱着部の拡大画像。



このEzyスーペリアのペダル軸と同径の鉄の棒を旋盤で削り、脱着時のラチェットの溝も加工して、先端に滑車(転がし時のローラー)を止めるM4ミリのタップを加工、クランクの内側用、外側用(ワンタッチ)両方作りました。滑車(ローラー)はモノタロウで探したソリッドラバー製Φ50の物を使います。滑車はM4のウイングナットで固定します。


大雑把な図面で見るとこんな感じ。





クランクにEzyスーペリアを取り付けて滑車を取り付けたところ。








そして実際にデモンタに取り付けてシュミレーションしてみました。
ペダルの脱着は本来、クランクの外側ですがデモンタを3点(前、後輪タイヤ、滑車)で自立させた時に安定するのはクランクの内側でした。
その理由でワンタッチで滑車を取り付けるのには、まだまだ改良が必要かも?です。


当然、転がし時に安定するのもクランクの内側でした。


転がしの方向性の改良点は残りますが、方向を変える時に、わずかに持ち上げるだけで問題無し、楽に、かつスムーズに安定して転がす事が可能になりました!!



もうひとつのペダル脱着機能のメーカー(ナニワ銀輪堂取り扱い)ルノンシリーズ
のアダプターもちなみに試作してみました。
赤色の部分。  (画像はアイズさんのホームページより拝借m(_ _)m。)


以上、「デモンタ転がし輪行の秘密兵器!?」の巻でした。






早朝錬

猛暑が続いています。日中はとても走れたもんじゃないし年寄りには危険すぎる(笑)!と言う事でレストアが完成したケルビムR2で早朝出発。
淀川CRを走り、変速機やブレーキの調整も兼ねて京都府八幡市の流れ橋まで試走してきました。


少し向かい風がかえって心地良い早朝(午前6時前の仁和寺大橋付近)の淀川CR。
猛暑日は朝一か、日が傾いてから走るに限ると思いました。



30キロほど走って流れ橋に到着。初チューブラーの乗り心地も満喫して、ブレーキや変速機も問題なし!午後から用事もあったので長い1日でしたが”早起きは三文の得”でした。
「泥除けが付いていないと自転車じゃない」とKottaman師匠に言われそうですが、今度は
師匠のカザーティ(イタリアンロードレーサー)と朝錬しようと計画中です。
と言う事で小ネタ「早朝錬」の巻でした。



プロフィール

FC2kanbi

Author:FC2kanbi
のんびり景色を見ながら走るのが好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR