FC2ブログ

自作工具と滑車チドリの追加

工具と滑車チドリを追加で作りました。
MAFAC等のブレーキ用工具。


使用例。



使用例。


滑車チドリ、TOEIタイプとオリジナル2種類。



        

       使用例。圧倒的な存在感ありです!



こんなケースに入れてます。以上「自作工具と滑車チドリの追加」の巻でした。



リコリス・ラジアータ

スカットしない天気の3連休中日(9/23)墓参りを済ませて、夕暮れから大阪城まで、ちょこっと走ってきました。遠回りをして淀川CRで毛馬(けま)旧閘門、此処の桜の木も先日の台風21号の強風で沢山、枝が裂けたり折れた枝が散乱していました。




そこから、同じく桜の木がそこらじゅうで倒木していた大川(旧淀川)を走って大阪城。





彼岸花がちょうど見頃でしたが大阪城公園にも台風21号の爪痕が・・・・!!
大きなイチョウの木が倒れて枯れてしまうので根元から切断されていました。



その横の石垣にも彼岸花が・・・・!!??彼岸花って球根性植物だから人為的に植えられたと考えられるのでここに咲いている彼岸花(学名リコリス・ラジアータ)は江戸時代の人によるものか???(笑)



”化け物屋敷跡”近くにも所々咲いていました。高価そうなカメラを持った御仁が彼岸花をしきりに狙っていました。






台風の影響で外国人観光客も減っているようでした。




そこから淀川CRに戻ってイトーサイクルで店主と世間話?をして。


秋の夕暮れを満喫して帰途に着きました。
と言う事で”リコリス・ラジアータ”の巻でした。


燻製おつまみアラカルト

燻製おつまみを色々作ってみました。
先ずは簡単な下ごしらえから!
一つ目は簡単に出来て失敗が無い、ホタテ貝柱から、お造り用のホタテに岩塩を振り掛けるだけ、この状態で冷蔵庫で5~6時間乾燥するのみ。



次はTV番組で紹介してた梅干の燻製、下ごしらえは乾燥のみ。
軽くキッチンペーパーで汁気を取った後これも冷蔵庫でホタテと同じように乾燥のみ。



次は白ねぎの燻製!これもどこかで紹介されてた物のパクリですm(_ _)m。
白ねぎを適当な大きさに切るだけ乾燥も要らないしあとは燻すのみ。
燻製後にちょこっと手間をかけます??


最後は少し??豪華???に金目鯛の開きを燻製にして見ます。
干物は味付けと乾燥済みなのでこれも燻すのみ、簡単です!!



あとはそれぞれ燻すだけ、スモークチップは魚介類に合うヒッコリーのチップですべて燻しました。
ホタテ貝柱。中華鍋にアルミホイルを敷きスモークチップを一握り。


汁受けにアルミホイルをかぶせて網の上にホタテをセット。
蓋をして、いつもの様に最初は強火、煙が出たら蓋をして。


約10分燻して出来上がり。


白ねぎと梅干も同じように10分燻して出来上がり。


金目鯛は少し長めの15分燻して。


出来上がり。裏の画像は見栄えがカブトガニのようだったので表から(笑)!!



白ねぎだけ唯一、燻製オリーブオイル漬けにして、先日作った燻製胡椒をかけて手間をかけました。それぞれ冷蔵庫で一晩寝かせます。←重要!!いつも、寝かせる前に、つまみ食い(これがホントのつまみ食い(笑)!!)をしますが、寝かせたほうが絶対に美味しい!!



そして作り置きしているタラコの燻製の”タラキュウ”も加わって燻製おつまみアラカルト!!

”タラキュウ”と梅干の燻製。


白ねぎの燻製オリーブオイル漬け(燻製胡椒添え)、ホタテ貝柱の燻製。


もう一品、前回の記事のクラブランで立ち寄った天野酒、西條酒造で買ってきた”生姜酒煮。


それを冷奴にねぎをのせ、燻製醤油をかけました。


             そして晩酌はもちろん西條酒造の天野酒!



金目鯛の干物の燻製も加わって超豪華??燻製三昧おつまみの完成!!!です。
梅干の燻製は超おススメです。これ一個で酒一本呑めます!!
以上、「燻製おつまみアラカルト」の巻でした。



クラブランで滝畑ダムから蔵王峠


9月16日(日)所属する夕凪CCのクラブランで南河内から蔵王峠を超えて和歌山県の橋本まで走って来ました。近鉄南大阪線、河内長野駅に集合。



本日の参加は9名、その内ガード(泥除け)付きが私を含め5台、中には1名ガード付がシェイクダウン(初お披露目)の方も!?コース説明のあと高野街道に入り、いきなり一人がタイヤの空気が不足していたので休憩、先日も訪れた天野酒の西條酒造に立ち寄る。





休憩後、さらに高野街道を走り。


登り基調で石川を遡り。



(写真F元さん提供)


そして、滝畑ダムに到着。



国道を避けダム周回路を走って「夕月橋」で休憩。



ここで本日シェイクダウンのMさんのペガサスⅡ700Cランドナーのお披露目。
フレームはわりと新しく(2016年?)エンド幅も130mm、7速仕様、フーデットレバーをギドネットレバーに変更、アジャスト部、ステム、シートピラー、MAFACタンデムのブレーキシュウー、Wレバーインデックス化、以外は変更なし、ヤフオクで落札したそうです。私もウオッチに入れていた記憶が・・・!?しばらく自転車談義に花が咲く(笑)!!


滝畑ダムを後にして光滝キャンプ場を超えたアタリから勾配がキツクなる、気になる通行止めの看板もあり、ここからは石川の源流部に入る。





激坂に加え、この日は湿度が高く私も含め皆さんバテ気味です。



ここで軽自動車のパトカーが現れ、「この先は倒木で通れませんよ」と忠告を受けるが、行けるとこまで行って見ますとお許しをもらう。そこからは道の状況が豹変する!!
木の枝が散乱、倒木や落石もあり気が置けない状況!!台風21号の爪痕が・・・!!!




やがて通行止めの原因にぶち当たる!大きな杉の木が道に沿って倒れていました。



皆で枝をどけて自転車を担いで、木の向こう側に手渡しリレーで何とか通過することが出来ましたが、湿度と気温も上がって汗だく状態。



その先も倒木が所々あり気が置けない状況が続く中、メンバーの一人が両足を攣って転倒、熱中症状態に陥り、動けなくなり、大休止、そのままその場所で昼食も済ませ、薬と水分補給をして何とか歩けるまで回復、一同ホッとする!!


彼岸花も咲いて秋の装いも裏腹に今日の蒸し暑さには参りました。


何とか蔵王峠に到着。記念撮影をした後、色々あったので予定のコースをショートカットして此処から和歌山方面に下る事に。



蔵王峠にある葛城蔵王権現さんにダウンヒルの安全を祈願して。


途中、景色の良い所で休憩しながらの長いダウンヒルを楽しみます。


絶景です!!


紀ノ川を眼下に素晴らしい景色が広がります。



今から通るつづら折れが下に見えています。


今日の蒸し暑さを忘れさせてくれるダウンヒルでした。


麓まで下ってJR「中飯降駅」で3人(熱中症になった方とその他2人)を見送り。



残りのメンバーで大和街道を走ってJR(南海)橋本駅で輪行、解散となりました。
参加の皆様、お疲れ様でした。
9月になっても、!水分補給は怠らずに熱中症にはくれぐれも注意しましょう!他人事ではありません!!と言う事で「クラブランで滝畑ダムから蔵王峠」の巻でした。





皮付きトークリップ


イトーサイクルの「こんな物が出てきました」のコーナーで手に入れた「REG」イタリア製のトークリップ。(¥600)






このトークリップを皮付きトークリップにしてみました。
東急ハンズで買ってきた、自転車の色に合わせたブルーの皮のハギレ(¥100)を使います。






トークリップの大きさに合わせて少し大きめにハギレをカット。
あらかじめ「菱目打ち」で縫い合わせの部分に穴をあけます。


縫っていきます。



多少グイチが出ても後でハサミでカットッすれば綺麗に?仕上がります!?



面が綺麗に?揃いました!?


同じブルーのトーストラップををペダルにつけて完成!!



反対側も同じ要領で作りました。以上、「皮付きトークリップ」の巻でした。


燻製おつまみ&燻製胡椒

先ずは燻製調味料を作ります。GABANのブラックペッパー(ホール)を燻製にします。



中華鍋にヒッコリー(オニグルミ)のチップをセット。



網を載せてタラコの燻製も一緒に作ります。ブラックペッパーは茶漉しに入れます。
汁受け用のアルミホイルはタラコの下のみでOK!
タラコも実は大きいものが手に入りました。茶漉しの大きさから判断下さい。乾燥してこの大きさはハンパネェ~!!?



いつものように最初は強火、煙が出たら蓋をして10分燻して出来上がり!


    タラコは乾燥しすぎたのか?焼きタラコ 一歩手前で何とかセーフ!!?



燻製した胡椒とタラコは一晩寝かせてから  今夜の晩酌のおつまみに!!
燻製胡椒でもう一品、ピザまたはグラタンに使う、とろけるチーズ(またはトースト用のスライスチーズでもOK)をクッキングペーパーに載せ、燻製胡椒をミルでふりかけて電子レンジでチンすれば・・・・・・!?




              チーズ煎餅・燻製胡椒味の出来上がり!!
              胡椒はあとから追加で振りかけてもOK!





そして今夜の晩酌、天野酒粕入り焼きねぎ味噌も加わって、”燻製たらきゅう”で最近ハマッている「本麒麟!!」でいただきました。



以上!「燻製おつまみ&燻製胡椒」の巻でした。


倍力滑車の試作

滑車チドリに使った10ミリ角のアルミの材料が余っていたので、それを使ってブレーキの倍力機構用の滑車を試作してみました。





         ブレーキの倍力機構。



倍力用の滑車はチドリにも使ったΦ16と2ミリ径の大きいΦ18を作りました。
本体はチドリの長さより5ミリ延長、溝はチドリと同じ4ミリ幅、よって滑車の厚みも4ミリの溝に入るように合わせています。



Φ16とΦ18を交互でつけるとこんな感じ、径の大きいほうはレバー側に来ます。
ボルトはチドリに使った物と同じViva(東京サンエス)製のM5ミリの飾りボルトを使用。



実際に自転車に取り付けてみないと分かりませんが、両方とも径の大きい(Φ18)方を使ったほうがワイヤーのたるみが少なくなるのでΦ18同士で付けるのが良いかもしれません!?



以上、倍力滑車の試作の巻でした。

燻製カレー

9月4日(火)外は台風21号直撃で、今まで経験した事の無い強風が吹き荒れています。
今日はたまたま母親を病院に連れて行くために以前から休みを取っていたのですが、あいにくの悪天候のため日を改める事に、会社も昼から電車が動かないのであきらめました。
こんな日は家でおとなしくしているのに限ります。
と言う事で、久々の燻製ネタ。
昨日から仕込んでおいた「燻製カレー」を今日のお昼にいただきました。

先ずは昨日からの仕込み(大げさです(笑))の模様。


合い挽きミンチ肉をアルミホイルの上に薄く広げます。(味付けは無し)。



       カレーのルーは手っ取り早いのでレトルトの物を使いました。



              それをステンレスのバットに移し変え。





     スモークチップはヒッコリー(オニグルミ)のチップを使いました。



スモーカーはSnow Peakのコンパクトスモーカー2段になっていて重宝します。





             スモーカーの底にスモークチップをセット。







               上段にひき肉、下段にカレーのルーをセット。




       始めは強火、煙が出たら弱火にして蓋をして10分燻して出来上がり。




     あとはタッパーなどに移し変えて冷蔵庫で一晩寝かせます。



   そして今日、燻製したひき肉とルーを鍋に一緒に入れて少し煮込んで出来上がり。
           サフランライス風(たまごの卵黄で混ぜた御飯)に
            パセリをふりかけ、美味しくいただきました。



            ご馳走様!!以上、燻製カレーの巻でした。


プロフィール

FC2kanbi

Author:FC2kanbi
のんびり景色を見ながら走るのが好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR